• トップ
  • リリース
  • 「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2019」 OSS on Azure アワード受賞

プレスリリース

「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2019」 OSS on Azure アワード受賞

(@Press) 2019年08月30日(金)15時21分配信 @Press


株式会社ISAO(本社:東京都台東区、代表取締役:中村圭志、以下ISAO)は、マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2019にて、「OSS on Azure」 アワードを受賞いたしました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/5OFU5gyguornT52mz2KF.png


マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー2019 受賞企業発表


受賞企業一覧 : https://blogs.partner.microsoft.com/mpn-japan/2019/08/29/microsoft-partner-award-2019/


■マイクロソフトネットワークとは


マイクロソフトパートナーネットワークは、パートナー企業が、自社の強みを活かしてトレーニングなどの様々な支援を受けることができ、また、エンドユーザーにとっては最適なソリューションを展開するパートナーを見つけやすくするためのプログラムとして設置されている世界共通のパートナー制度です。


■マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤーとは


現在、日本全国で1万事業所を超えるパートナー企業がマイクロソフトパートナーネットワークに参加しています。中でもGoldコンピテンシーおよびSilverコンピテンシー取得パートナーは、多くのお客様のシステム構築のニーズにお応えしています。その中からこの1年、特に優れた実績を築き上げ、お客様からの厚い信頼を獲得されたパートナーをマイクロソフトが表彰するものです。


また本アワード受賞にあたり、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務パートナー事業本部長 高橋 美波様よりエンドースメントを頂戴しております。


「この度の株式会社ISAO様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」OSS on Azureアワードの受賞を心よりお祝い申し上げます。 株式会社ISAO様は、クラウドマネジメントサービス”くらまね”を100社以上のお客様へ展開いただいておりますが、そのうちほとんどの案件でLinux、Apache、MySQL、PHP をはじめとしたOSSを活用いただき、さまざまな業界のお客様に対して運用保守のアウトソーシングによる運用効率の向上を実現いただきました。今後も日本マイクロソフトは、株式会社ISAO様との強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。」
日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋美波


■今後の展開


これまでの様々な業界における多数の構築・運用実績、また各種パブリッククラウドにおける構築の知見を活かし、OSSを積極的に活用したクラウドネイティブでNoOpsな環境、開発を加速するDevOps環境を構築・支援することでデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。


※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る