• トップ
  • リリース
  • KPMGコンサルティングとベーカー&マッケンジー 書籍「海外子会社リーガルリスク管理の実務」を発行

プレスリリース

KPMGコンサルティング株式会社、ベーカー&マッケンジー法律事務所

KPMGコンサルティングとベーカー&マッケンジー 書籍「海外子会社リーガルリスク管理の実務」を発行

(@Press) 2019年09月02日(月)11時00分配信 @Press

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮原 正弘、以下、KPMGコンサルティング)とベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)(所在地:東京都港区、代表パートナー:近藤 浩、以下、ベーカーマッケンジー)は、共著「海外子会社リーガルリスク管理の実務」を9月2日に中央経済社より発行しました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192184/LL_img_192184_1.jpg
KPMGコンサルティングとベーカー&マッケンジー 書籍「海外子会社リーガルリスク管理の実務」を発行

日本企業にとって、海外事業はもはや生命線であり、海外での生産、調達、技術開発、そして海外市場での販売や海外企業との連携など、いずれも事業の継続と将来を支える重要な柱となってきています。また、そうした海外事業の重要性が飛躍的に高まっているがゆえに、海外事業リスクの管理、特に法的リスクの管理について、国内のみならず海外のグループ会社を包括した法令順守の必要性が認識されており、その実現手段としてグローバルコンプライアンスの概念が浸透しつつあります。しかし、現場に即した法的リスク対応については、各部署や拠点の個別対応に委ねられ、本社として全体を把握できていない状況が散見されています。

本書は、海外事業や海外子会社の管理に関わる全ての方々を対象に、海外事業特有の法的リスクの全体像を把握し、法的リスク回避軽減のための組織と業務運営の基本を理解していただくことを目的としています。グローバルレベルの法務リスク対処・コンプライアンス対応に豊富な知識と経験を有するベーカーマッケンジーの弁護士陣と、日本企業の統合的リスク管理と法務・コンプライアンス組織化支援への多数の実績を持つKPMGコンサルティングのプロフェッショナルが、日本とは異なるビジネス環境の中で日本企業の海外拠点が直面しうる法的リスクを紹介するとともに、リスクの回避や管理を実行し、問題の早期発見・対処を可能とする強い組織体制の構築、運用について実践的に解説しています。


【本書の構成】
第1編 「海外事業における法的リスク」
第1章 社内不正リスク
第2章 贈収賄汚職リスク
第3章 競争法リスク
第4章 労務リスク
第5章 人権侵害リスク
第6章 プライバシーデータ管理リスク
第7章 貿易投資法リスク
第8章 環境法リスク
第9章 資産保全リスク(1) - 営業秘密
第10章 資産保全リスク(2) - 商標保護
第11章 資産保全リスク(3) - 債権管理および保全

第2編 「グローバル法務・コンプライアンス体制の整備・運用」
第1章 海外子会社の内外環境
第2章 グローバル法務・コンプライアンスの全体像
第3章 ガバナンス・企業文化
第4章 法規制違反の未然予防
第5章 法規制違反とその兆候の早期発見
第6章 法規制違反とその兆候への対応
第7章 法務・コンプライアンス領域におけるテクノロジー活用
第8章 グローバル法務・コンプライアンス体制の構築例


【本書の概要】
著者 :KPMGコンサルティング株式会社
ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
出版社:中央経済社
発行日:2019年9月2日
体裁 :A5判・280頁
定価 :3,500円(税抜)


■KPMGコンサルティングについて
KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクター等のインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。


■ベーカー&マッケンジー法律事務所について
ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)は、ベーカーマッケンジーの東京事務所として1972年に開設されました。日本法に関する卓越した知識、経験とともに、グローバル・ビジネスに関する実績とノウハウを兼ね備えた外国法共同事業を営む法律事務所として、日本最大級の規模を有しています。国内外の企業向けにリーガルリスク対応・コンプライアンスサポートを提供するとともに、金融、M&A、会社法務、各種契約、独禁、知財、税務、訴訟・紛争、労務、環境、製薬、不動産等について、総合的かつ専門的な法務サービスを提供しています。
http://www.bakermckenzie.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る