• トップ
  • リリース
  • やっぱり若い女性は激辛が好き!会場は昼も夜も連日大賑わい! 「激辛グルメ祭り2019」3rd Roundスタート

プレスリリース

激辛グルメ祭り実行委員会

やっぱり若い女性は激辛が好き!会場は昼も夜も連日大賑わい! 「激辛グルメ祭り2019」3rd Roundスタート

(@Press) 2019年08月23日(金)16時00分配信 @Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/6iVRakC5eHArq8287Pxm.png


日本最大の激辛グルメの祭典「激辛グルメ祭り2019」が、本日、2019年8月23日(金)より新宿・歌舞伎町大久保公園にて3rd Roundが始まりました。この夏、一番熱いスポットとして、多くのテレビ番組、新聞、雑誌、WEBニュースで連日紹介されています。お勤めの方々も夕方からたくさん来場されます。激辛グルメはチョイ辛から激辛まで提供しています。自分の体調に合わせて、お好みの辛さでお楽しみください。


画像 : https://newscast.jp/attachments/EjYL5fzZ0ZU3ZOliJ0Q2.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/UqRV1LRBEEZ3RlWQLbHa.png


3rd Roundでは、お客様を異国の地に誘います。
中国料理の「炎麻堂(エンマドウ)」は、毎日食べたくなるリピート率90%の炎魔麻婆豆腐を提供。スペイン料理の「スペインクラブ」は、毎回高評価のイベリコ豚を贅沢に使った「情熱の激辛イベリコパエリア」で勝負。インド料理の「ソウルフードインディア」とタイ料理の「ソウルフードバンコク」も、激辛グルメ祭りには欠かせない常連店舗。本場インドのスパイスで味わえるチキンと野菜のスパイシーカレーは、日本人用ではなくインドで食べられるカレーと同じ。バンコクの熱気と活気を感じさせる、トムヤムまぜそばと空心菜炒めは、タイの屋台で食べる味そのもの。台湾料理の「台湾小吃 美(タイワンシャオツーメイ)」は、辛々麺で初参戦。中国料理「チャンドゥ・ハウス」は、晴々飯店の姉妹店。間違いない味で紅妖(赤鬼)担々麺を振る舞う。居酒屋料理の「居酒屋とよじろう」は、鹿児島県産の黒豚を主体にした旨辛料理で激辛グルメ祭りに初めて挑みます。ラーメンの「拉麺一匠 Dead or Alive(麻辣白湯)」も初めての登場、唐辛子研究家である「一匠」が手掛ける旨辛を追求したラーメンをご賞味あれ。ベトナム料理の「ロータスパレス」は、繊細で新鮮な素材を活かした本場ベトナムの宮廷料理が味わえます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/Y5aiY52zKLhscUTBIagv.png


2nd Roundでは、「チーズとジビエ哩なる一族」が提供する淡路島カレーがメディアの間で人気でした。贅沢なカレーを世界トップのキャロライナリーパーで味わう衝撃的な辛さが話題となりました。対照的な「Tokyo spice curry赤と黒」が、激辛グルメ祭りのオアシスとして認められたroundでもあります。赤の薬膳カレーと黒のカシミールカレーを求めるお客様で連日行列でした。
既に有名バラエティ番組の特集、有名情報番組の特集、有名報道番組の生中継、有名ラジオ局の生中継と、とにかく毎週たくさんの取材が入りました。
激辛グルメ祭りは、激辛ビギナーからマニアまで、多くの激辛ファンに支持されて延べ70万人が来場したグルメイベントです。世界各国を代表する激辛グルメの名店が集結して、アジア最大の歓楽街である新宿・歌舞伎町を真っ赤に染めています。ちょい辛・小辛・中辛・激辛・超激辛・地獄辛など辛さのバリエーションも豊富なのでお好みの辛さでお楽しみいただけます。毎週店舗や料理が大幅に入れ替わるため、何度でも通えて何度でも楽しむことができます。
激辛グルメ祭り実行委員会|公式ホームページ: http://www.gekikara-gourmet.com
■開催概要
日程:
1st Round 8月7日(水)〜8月14日(水)
2nd Round 8月16日(金)〜8月21日(水)
3rd Round 8月23日(金)〜8月28日(水)
4th Round 8月30日(金)〜9月4日(水)
5th Round 9月6日(金)〜9月11日(水)
6th Round 9月13日(金)〜9月18日(水)
※8月15日、8月22日、8月29日、9月5日、9月12日は店舗入れ替えのため休業
※雨天開催(荒天時は中止の場合もございます)
※計38日間 激辛グルメの祭典で史上最長
■「激辛グルメ祭り2019」出店店舗一覧(あいうえお順)
アムリタ食堂、一輪、四川料理 京華樓、サフラン池袋 幻のインド料理、辛ちゃん(シンチャン)、チャオエムカフェ、陳家私菜(チンカシサイ)、麺屋 まぜはる、ペルー料理&バル ALDO
Tokyo spice curry 赤と黒、一輪、四川料理 京華樓、タイ田舎料理クンヤ―、チーズとジビエ 哩なる一族、陳家私菜(チンカシサイ)、バインセオ サイゴン、プサンアジメ、モンゴリアン・チャイニーズBAO
炎麻堂(エンマドウ)、スペインクラブ、ソウルフードインディア、ソウルフードバンコク、台湾小吃 美(タイワンシャオツーメイ)、チャンドゥ・ハウス、居酒屋とよじろう、拉麺一匠 Dead or Alive(麻辣白湯)、ロータスパレス
宇都宮餃子館、親鳥専門店 ばかたれ、四川麻辣湯(シセンマーラータン)、じもん、晴々飯店(セイセイハンテン)、ソウルフードインディア、ソウルフードバンコク、TRATTORIA BUBU(トラットリアブブ)、MARZAC7(マルザックセブン)
宇都宮餃子館、タイ料理 クルアチャオプラヤー、たこ焼専門店 くれおーる、ホルモン焼 幸永(ホルモンヤキコウエイ)、謝朋酒樓(シャホウシュロウ)、プングム、三田麺屋 やっとこ、海老と麺 シモキタシュリンプ、ピラミッド
赤い壺、麻布バッファローウイングス、アジアンタワン168、燻製カレー くんかれ、ホルモン焼 幸永(ホルモンヤキコウエイ)、汁なし担担麺ピリリ、スペインクラブ、浅草 肉のスタミナ屋、プングム
※計46店舗 激辛グルメの祭典で史上最多
目標来場者数:約22万人(2018年夏は約15万人が来場・2019年春は5万5千人が来場)
会場   :新宿・歌舞伎町大久保公園特設会場
所在地  :東京都新宿区歌舞伎町2-43
アクセス :西武新宿駅徒歩3分、JR・小田急・京王線新宿駅徒歩8分
入場方式:入場無料(飲食は有料)
主催   :激辛グルメ祭り実行委員会、テレビ朝日
共催   :歌舞伎町タウン・マネージメント
後援   :新宿区
協力   :歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町二丁目町会、エルコム、ニイタカ
協賛   :アサヒスーパードライ、ブレスケア、暴君ハバネロ
公式ホームページ:https://www.gekikara-gourmet.com/
【本件に関する一般の方の問い合わせ先】
激辛グルメ祭り運営事務局
MAIL: gekikara@tsp-taiyo.co.jp
※忘れ物はこちらにお問い合わせください。
※メディアの方のお問い合わせには対応いたしかねます。
【本件に関するメディアの方のお問い合わせ先】
激辛グルメ祭り広報PR事務局(株式会社ワールドワイドピーアール内)
TEL : 03-4360-5056
MAIL: gekikara@wwpr.co.jp
※取材依頼はこちらにお問い合わせください。
※一般の方のお問い合わせには対応いたしかねます。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る