• トップ
  • リリース
  • 今年は阪急宝塚線が舞台!沿線周遊型リアル謎解きゲーム「暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜」2019年8月9日(金)から12月22日(日)まで期間限定開催

プレスリリース

阪急阪神ホールディングス株式会社

今年は阪急宝塚線が舞台!沿線周遊型リアル謎解きゲーム「暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜」2019年8月9日(金)から12月22日(日)まで期間限定開催

(@Press) 2019年07月24日(水)15時15分配信 @Press

株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神(本社:大阪市北区/代表取締役社長:青木眞治)は、2019年8月9日(金)より12月22日(日)まで、沿線周遊型リアル謎解きゲーム「暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜」を開催いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189379/img_189379_1.jpg
昨年の夏に好評を博した阪急神戸線の沿線周遊型リアル謎解きゲーム「暗号仕掛けの乗車券〜阪急神戸線編〜」に待望の続編が登場! 今年は阪急宝塚線を舞台に、前回よりパワーアップした謎解きを展開します。
この沿線周遊型リアル謎解きゲーム『暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜』は、謎解きキットに入っているストーリーブックをもとにオリジナルストーリーを読み解き、各駅に仕掛けられた謎を解きながらゴールを目指すゲームイベントです。前回同様に沿線の魅力をたっぷり盛り込むとともに、普段から宝塚線をご利用の皆さまにも「この駅にこんなものが?!」といった新しい発見をしていただけるよう工夫を凝らしました。
さらに!今年はお楽しみもパワーアップ!! 謎解きゲームに参加&ゴールいただいた方の中から、抽選で豪華商品が当たるキャンペーンを実施します。ぜひ新たな謎解きゲームにチャレンジし、ゴールのご褒美GETを目指してください。

《 沿線周遊型リアル謎解きゲーム「暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜」について 》
■ゲームの名称
暗号仕掛けの乗車券〜阪急宝塚線編〜

■開催期間
2019年8月9日(金)〜12月22日(日)

■ゲームの内容
「謎解きキット」を購入し、キットの中のストーリーブックに記載されたストーリーに従って電車で目的地に移動しながら謎を解いていく、沿線周遊型の謎解きゲームです。

■謎解きキット
販売価格:2,200円(税込)
※販売は本イベントの開催期間と同じ2019年8月9日(金)〜12月22日(日)です
※キットがなくなり次第、販売終了となります

<謎解きキットの内容>
・オリジナル1日乗車券(1枚/大人用のみ)
使用を開始する当日に限り、阪急全線(神戸高速線を除く)でご利用が可能です。
・鉛筆(1本、ペグシル)
・オリジナルクリアファイル(1枚、バッグ型)
・ストーリーブック(1冊)
・暗号シート(1枚)
・路線図(1枚)
・電車カード(1枚)

■ゲームの楽しみ方(参加方法)
(1)下記のアズナス店舗にて謎解きキット(オリジナル1日乗車券付き)を購入いただきます。
●アズナス梅田3階店(営業時間6:30〜23:30)
●アズナス茶屋町口店(営業時間6:30〜23:30)
●アズナス阪急三番街B1店(営業時間7:00〜23:00)
●アズナスエクスプレス・ビー梅田10号店(営業時間 月〜土5:30〜23:30、日・祝 6:00〜23:00)
※駅の窓口では販売していません
(2)ストーリーブックに従って「最初の謎」を解き、阪急宝塚線に乗って答えが示す次の駅へと向かいます。
(3)各駅を訪れて駅周辺を巡りながら謎を解いていきます。
(4)「最後の謎」が解ければゲームクリアです。
※ゲームの参加には、QRコードが読み込めてWEBにアクセスできるスマートフォンが必要です。また、参加のために発生する通信費はお客様でご負担ください。
※ゲームクリアには5時間程度かかります。移動時間などもご確認のうえご参加ください。



株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神 http://ers.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6997_d8817046aff034148d117094879bf9a289ba0850.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る