• トップ
  • リリース
  • サーバーワークス、クラウド移行への課題と導入後の効果をまとめたホワイトペーパーを公開

プレスリリース

株式会社サーバーワークス

サーバーワークス、クラウド移行への課題と導入後の効果をまとめたホワイトペーパーを公開

(@Press) 2019年07月30日(火)11時30分配信 @Press

アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)のプレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)はクラウド移行を検討されている方々に向け、クラウドを活用している企業の現状やクラウド移行を検討している企業が抱えている課題とその解決策をまとめたホワイトペーパーを公開いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189318/LL_img_189318_1.png
ダウンロードページのイメージ

■ホワイトペーパー公開の背景
クラウドコンピューティング市場は急速に成熟しており、金融機関や大企業もクラウドの利用に積極的になってきています。

昨年経済産業省から発表されたDXレポートによると、2025年には基幹系システムを21年以上使っている企業が6割を超え、IT人材不足が約43万人まで拡大する「2025年の崖」が問題となっております。クラウド導入を検討する企業がさらに増えている一方、そうした企業の多くがクラウド導入後のコストや運用で不安を抱えていることも事実です。

そのような悩みを解決する一助として、この度ホワイトペーパーを作成いたしました。


■ホワイトペーパーの概要
ホワイトペーパーの目次は以下の通りとなっています。

・はじめに/調査概要
・クラウド移行に期待すること
・クラウドを導入した企業が実現したこと
・クラウド移行に関する懸念
・クラウド移行を阻む原因
・クラウド移行に踏み切れない企業の課題
・まとめ


■ダウンロード方法
ホワイトペーパーは下記よりダウンロードいただけます。
https://www.serverworks.co.jp/whitepaper/migrationresearch.html


■株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。
2019年7月現在、720社、6,400プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAWS Partner Network(APN)※1の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。
また、2016年11月にAPNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラム、移行コンピテンシーを獲得し、2018年11月にAWS コンタクトセンターナビゲート、AWS エンドユーザーコンピューティングナビゲートを完了、2019年6月にAWS Well-Architectedパートナープログラム認定を取得するなど、AWS事業を継続的に拡大させております。
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN

※1 APN(AWS Partner Network)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*アマゾン ウェブ サービス、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る