• トップ
  • リリース
  • AIで社会課題を「見える化」し、政策提言へとつなげる取組を開始

プレスリリース

株式会社Insight Tech 東京都議会 無所属 東京みらい

AIで社会課題を「見える化」し、政策提言へとつなげる取組を開始

(@Press) 2019年07月23日(火)15時00分配信 @Press

株式会社Insight Tech(株式会社インサイトテック/代表取締役社長:伊藤友博)と東京都議会 無所属 東京みらい(幹事長:奥澤高広)は、この度、AI(人工知能)を活用して社会課題を「見える化」し、政策提言へとつなげていく取組を開始いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189292/img_189292_2.png

これまでの政治活動においては、地域をまわりご意見を伺い、あるいは組織化された団体や組織による陳情・要望を受け付け、政策提言へと繋げていくことが主流でした。近年、SNS等を通じて意見が寄せられることも増えていますが、より広く、より公正に都民の皆様の声を伺うよう努める必要があります。

株式会社インサイトテックでは、自社で保有する1,200万件を超える不満の声をAIで解析して、様々な企業のマーケティング、商品開発を支援しています。一方で、その声の中には、民間事業者だけでは解決できない社会課題に関するものが数多く含まれており、これらの声を有効に活用することができていない現状がありました。

今般の取組では、株式会社インサイトテックが保有する不満の声をAIで分析することで、政治が解決すべき社会課題としてあぶりだします。これにより、従来の手法では見出すことのできなかった社会課題を起点にした政策提言へとつなげていきます。これは、政治と民間の間にある新しい選択肢を提示する、新しいチャレンジです。

直近で取り組むテーマは、教育と子育てです。株式会社インサイトテックにとって、政治分野における初の取組でもあり、社会課題の発見から政策提言までのプロセスについても可能な限り「見える化」していきます。今後とも、ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

■株式会社 Insight Tech(代表者 伊藤友博)
2012年に設立、事業内容はマーケティング調査やレポート作成、自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託等。
公式ホームページ http://insight-tech.co.jp/

■東京都議会 無所属 東京みらい(幹事長 奥澤高広)
東京都議会議員 奥澤高広(町田市選出)、斉藤れいな(多摩市・稲城市選出)、森澤恭子(品川区選出)の3人の会派。2019年1月に結成。
これまでの政治家のあり方にとらわれず、政治と民間の間にある新しい答えをみつける挑戦をしています。
公式ホームページ https://tokyo-mirai.net/



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る