• トップ
  • リリース
  • DXエクスチェンジがブロックチェーン上でのレバレッジ取引を可能にした、ターボトークンをリリース!

プレスリリース

DXエクスチェンジがブロックチェーン上でのレバレッジ取引を可能にした、ターボトークンをリリース!

(@Press) 2019年07月17日(水)09時30分配信 @Press

DXエクスチェンジがスマート・レバレッジ・トークン(SLT)と呼ばれる新しい金融商品のリリースを発表しました。 ターボトークンは、ブロックチェーン上での証拠金取引を可能にする世界初のスマートレバレッジトークンです。 スマート・レバレッジ・トークン(SLT)のリリースは、仮想通貨市場におけるレバレッジ取引の未来を開拓します。

DXエクスチェンジCEO兼共同創設者のダニエル・スコロンスキーは、「各取引所がレバレッジ商品を追加することで競争していますが、依然としてハイリスクと高額手数料という従来の証拠金取引の体をなしています。DXは常に、TeslaやGoogleなどの実際の株式をデジタル化した最初の取引所となるなど、ブロックチェーン技術を駆使して旧世界と新世界の間のギャップを埋めることを目指しています。 今回、当社はスマート・レバレッジ・トークン(SLT)と呼ばれる新しいカテゴリーを作り出しました。マージン取引では、これは大きな変化です。」と言及しています。


■スマート・レバレッジ・トークン(ターボトークン)とは?
スマート・レバレッジ・トークン(SLT)は、融資、高額手数料、または複雑な商品を使用せずに証拠金取引を可能にする分散型インデックスです。 従来のレバレッジと同様に、スマート・レバレッジ・トークン(SLT)は原資産の価格変動の倍数の利益獲得の可能性を提供します。しかし、現在のレバレッジ商品では、トレーダーは取引所から証拠金を借り入れます。借入された証拠金は取引所のリスクエクスポージャーを高め、トレーダーにはスワップが発生します。

スマート・レバレッジ・トークン(SLT)はトレーダーにレバレッジを提供しますが、リスクは負いません。これらレバレッジされた取引可能な資産は、毎秒ごとの価格変動に準拠し、トレーダーが対仮想通貨でのロングまたはショートでの取引を可能にします。

ターボトークンは、USDTまたはDXCASH(DXエクスチェンジのユーティリティトークン)を基軸としたBTC、ETH、XRP、ADA、およびBNBを含むさまざまなスマート・レバレッジ・トークン(SLT)を投資家に提供します。レバレッジはUSDTペアに対して5倍、DXCASHトークンペアに対して10倍になります。

レバレッジは市場状況に関わらず、実質的利益の可能性を生み出し、ターボトークンはトレーダーに仮想通貨市場動向によって利益を増やす機会を提供しますが、先物やCFD商品などの従来の証拠金商品と比べるとはるかにシンプルです。トレーダーが負債または追証に直面するリスクはありません。

さらに、ターボトークンには独自のメカニズムがあります。資産の価値がゼロになることがないため、トレーダーは投資額以上の損失を被るリスクに直面することはありません。また、ターボトークンは、個人の仮想通貨ウォレットに保存することができます。


■ターボトークンの仕組みは?
ターボトークンは価格の動きを秒単位で追跡します。例えば、BTC/USDT-10倍ロングのターボトークンでは、ある一定の秒数で価格が0.1%上昇すると、レバレッジ・ターボトークンは1%上昇します。反対に、(同じペアで)10倍ショートのターボトークンでは1%下落します。

ターボトークンがその値の90%を失うと、ターボトークンは消失し、新しいターボトークンが新しい価格で発行されます。残金は顧客のアカウントに戻されます。

基礎となる仮想通貨の価格は、世界中の取引所の集約フィードに基づいて決定されます。これにより、ターボトークンの価値の変動に対してより円滑な価格計算が保証されます。毎ティックごとに価格フィードが利用可能であるため、トレーダーはいつでも完全且つ透明性のある価格を提供され、十分なポジション情報に基づいて決定を下すことができます。

ターボトークンはERC20トークンで、合計100万ユニットを供給しています。これらはDXエクスチェンジのブロックチェーン研究の専門家チームによって作成され、ブロックチェーンセキュリティの大手企業により外部セキュリティ監査が行われています。


■供給と流動性の管理
ターボトークンは、取引およびアルゴリズムの専門知識をもつ社内チームによって管理されています。このチームは、マーケットメイク、オーダーブックの管理、価格操作の監視など、複数の責任を負っています。また、定期的に新しいターボトークンを売却し、クローズされたトークンを消去し、原資産のリスクを継続的に評価します。

ターボトークンのリリースにより、DXエクスチェンジは、BitMEX、Bitfinex、OKExなどの既存の証拠金取引プラットフォームに匹敵するポジションを得ました。今回のリリースについて、DXエクスチェンジCEOダニエル・スコロンスキーは次のように発言しています。

「ターボトークンが、いつか他の取引所で利用可能になったときは発表いたします。DXエクスチェンジは、ターボトークン用のホワイトレーベル取引プラットフォームも開発中であり、年末にかけてリリースされる予定です。」

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る