• トップ
  • リリース
  • 『イノベーションを暮らしにつなげ、未来の“当たり前”をつくる』テーマ領域特化のオープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA(アンドオン品川)」がオープンします2019年7月11日(木)より会員募集を開始します

プレスリリース

京浜急行電鉄株式会社、株式会社サムライインキュベート、株式会社ヒトカラメディア

『イノベーションを暮らしにつなげ、未来の“当たり前”をつくる』テーマ領域特化のオープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA(アンドオン品川)」がオープンします2019年7月11日(木)より会員募集を開始します

(@Press) 2019年07月11日(木)15時00分配信 @Press

京浜急行電鉄株式会社(取締役社長 原田 一之、以下 京急電鉄)、株式会社サムライインキュベート(代表取締役 榊原 健太郎、以下 サムライインキュベート)、株式会社ヒトカラメディア(代表取締役 高井 淳一郎、以下 ヒトカラメディア)は、『イノベーションを暮らしにつなげ、未来の“当たり前”をつくる』ことを目的に、ワークスペースやイベントスペースの機能を持つオープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA(アンドオン品川)」を2019年7月11日(木)より、品川駅高輪口(西口)エリアに開設します。
本施設は、暮らしをより豊かにするイノベーションの創出と、その成果物の社会実装を進めていく活動拠点です。取り扱うテーマ領域は、“モビリティ変革”“MaaS”とその周辺領域に特化し、デジタル・テクノロジーを活用した次世代の交通インフラの構築と、関連するサービスの創出を図ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/LL_img_188379_1.jpg
AND ON SHINAGAWA

室内写真
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_2.jpg

本施設のワークスペースの利用対象者は、テーマ領域に関連するスタートアップ・大手企業とし、会員制の専用デスク(有料)や打ち合わせスペースを自由に利用できます。また、スタートアップ企業の会員に対しては、京急電鉄やテーマ領域に関連する大手企業などで構成される「AND ONパートナー(以下 パートナー企業)」とのコラボレーションなどを通し、その成長を支援します。

また、最大50人程度が収容可能なイベントスペースでは、3社やパートナー企業の持つ知見やネットワークを活用し、会員以外の方も参加可能な様々な取り組みを行います。具体的には、テーマ領域に関連するスタートアップ企業のピッチイベント、専門家による講演会、京急電鉄やパートナー企業の経営課題等を題材としたワークショップ、サムライインキュベートによる短期集中型のオープンイノベーション・プログラムなどの開催を予定しています。

3社はこうした活動を通じて、本施設を起点とした“イノベーション・エコシステム(注1)”の形成を進め、スタートアップ・大手企業などによるオープンイノベーションの加速と、その成果物の社会実装を進め、暮らしを豊かにする価値の創造を図ります。

本施設において、サムライインキュベートは、その知見やネットワークを活用してイノベーション創出のサポートを行います。ヒトカラメディアは、本施設およびコミュニティの運営を担います。京急電鉄は、本施設の所有・運営者としてオープンイノベーションによる価値の創出を進め、沿線地域への波及を図ってまいります。

3社は、本施設を起点に、パートナー企業をはじめとするさまざまな関係者と連携し、イノベーションを暮らしにつなげ、未来の“当たり前”をつくる活動を進めてまいります。

(注1)スタートアップ企業、起業家、投資家、大企業などが相互に連携し、循環しながら新しい価値を生み出し続ける仕組み


1.「AND ON SHINAGAWA」施設概要
(1)名称
AND ON SHINAGAWA(アンドオン品川)

(2)住所
東京都港区高輪3丁目24番18号 高輪エンパイヤビル9階

(3)アクセス
品川駅高輪口(西口)徒歩6分

(4)開設日
2019年7月11日(木)

(5)面積
182.56m2

(6)営業時間
24時間利用可能

(7)利用金額
共有デスク2万円/月(税込)、専用デスク4万円/月(税込)

(8)機能
専用デスク36席、共有デスク20席、会議室1室
イベントスペース(有料 プロジェクター、スクリーン、マイク完備)
複合機、ポスト、ロッカー、Wi-Fi

(9)公式WEB
http://and-on.keikyu.co.jp/

(10)問合せ
TEL:03-6455-1940(株式会社ヒトカラメディア、10〜18時)

(11)テーマ領域
「デジタル時代のモビリティ×ライフスタイル」

(12)会員条件
テーマ領域に関連するスタートアップ企業や企業担当者

(13)施設名およびロゴについて
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_1.jpg
「AND(コラボレーション/共創)」と「ON(重ねる/実装)」「on and on(続く)」という意味を込めて、「AND ON」という名称にいたしました。
ロゴのアルファベットのOの外周を形作る正円は「既存価値」を表し、内側にはその既存価値に対して変化・動き・うねりを生む楕円を配しています。加えて、未来への変化を生み出す多様な熱量をグラデーションで表現しました。

室内写真
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_4.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_5.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_6.jpg


2.「AND ONパートナー」について
「AND ON」のビジョンやテーマ領域に合致し、スタートアップ企業への助言や協業の検討・推進などを通じて、イノベーションの創出と社会実装を加速させる大手企業や専門事業者です。パートナー企業同士や京急電鉄との連携も行うことで、イノベーション・エコシステムの形成を図ります。なお、今後もさまざまなプレーヤーにご協力を頂く予定です。

【AND ONパートナー 一覧】(2019年7月11日現在 5社 五十音順)
株式会社大林組
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_7.jpg
日本航空株式会社
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_8.jpg
富士通株式会社
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_9.jpg
FASTGROW(スローガン株式会社)
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_10.jpg
株式会社MaaS Tech Japan
https://www.atpress.ne.jp/releases/188379/img_188379_11.jpg


【京急電鉄 概要】
京急電鉄は、地域密着型で交通・生活サービス事業を展開し、「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」やベンチャーキャピタルファンドへの出資を通じ、オープンイノベーションによる新規価値の創出を目指しています。

社名 : 京浜急行電鉄株式会社
設立 : 1948年6月(創立:1898年2月)
本社所在地: 東京都港区高輪2丁目20番20号
代表者 : 取締役社長 原田 一之
公式WEB : http://www.keikyu.co.jp/


【サムライインキュベート 概要】
サムライインキュベートは、創業期のスタートアップから出資・インキュベーションを行うベンチャーキャピタルとして日本、イスラエル、アフリカ大陸のスタートアップに豊富な投資実績を持ち、同時に大企業のオープンイノベーションを始めとする新規事業創出支援を多数行っています。

社名 : 株式会社サムライインキュベート
設立 : 2008年3月
本社所在地: 東京都港区六本木1丁目3番50号
代表者 : 創業者 代表取締役 共同経営パートナー 榊原 健太郎
公式WEB : https://www.samurai-incubate.asia/


【ヒトカラメディア 概要】
ヒトカラメディアは、スタートアップ向けのオフィス仲介や構築、オフィスやイベントスペースの施設運営などの事業を展開しています。本プロジェクトでは、空間および企画プロデュース全般を手掛け、今後も施設およびコミュニティ運営を担います。

社名 : 株式会社ヒトカラメディア
設立 : 2013年5月
本社所在地: 東京都目黒区東山1丁目5番4号 KDX中目黒ビル 5階
代表者 : 代表取締役 高井 淳一郎
公式WEB : http://hitokara.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る