• トップ
  • リリース
  • シェフも認める和みとまと『あかまる』でトマト感たっぷりトマトカレーを開発〜本宮山の新名物として『あかまるトマトカレー』〜

プレスリリース

有限会社プロシード

シェフも認める和みとまと『あかまる』でトマト感たっぷりトマトカレーを開発〜本宮山の新名物として『あかまるトマトカレー』〜

(@Press) 2019年07月12日(金)16時00分配信 @Press

水道修理、LPガス、住宅リフォーム業を展開する、有限会社プロシード(愛知県豊川市豊栄町)は、2017年1月より農業事業に参入し、愛知県・本宮山の麓に「プロモンテファーム」を設立。2,200m2のハウス栽培によるトマト生産を行い、トマトカレーを新商品として開発しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187895/LL_img_187895_1.jpg
あかまるトマトカレー

・公式ホームページ : http://promontefarm.com/
・公式フェイスブック: https://www.facebook.com/promontefarm/


■登山客で賑わう本宮山の新名物として「あかまるトマトカレー」を開発
<「手ごろな登山」として賑わう本宮山>
本宮山は、豊川市、岡崎市、新城市境に位置しており、愛知県東三河で一番高い山で標高は789.2mあり「三河富士」と呼ばれ、別名、砥鹿山または本茂(もとしげ)山とも呼ばれています。
山頂には杉や檜の老木の生い茂る中に大己貴(おおなむち)命を祭る砥鹿神社の奥宮が鎮座し、夏なお涼しい神域です。一帯は、本宮山県立自然公園(本宮山国民休養地)となっています。登山道も整備されており、手ごろな山として多くの登山客が訪れます。

<開発ストーリー>
本宮山の麓にプロモンテファームは位置します。2,200m2の環境制御型ハウスにて、太陽と水、土の力でトマト本来のおいしさを最大限引き出。登山前には「健康に育てたトマトでつくったカレーで元気になってほしい!」「登山後には登山で疲れたカラダにエネルギーを補給してほしい」という想いから、水を使わずトマトの水分をつかった「あかまるトマトカレー」を開発しました。
開発に当たり、製造元企業の協力のもと、試作を何度も繰り返しました。

<健康に育てたトマトだからこそ、「カラダに本当にいいもの」を追求する>
プロモンテファームの栽培方法は、生物を阻害するのではなく細菌や微生物と共生しながら、トマト本来の力を引き出し、病害虫に強いトマトを育てることです。日本古来の土耕栽培と先述した環境制御を組み合わせた農法です。トマト自体を健康に育てている自負があるからこそ、化学調味料などは一切使わず製造することこだわりました。カレーらしいとろみを出すのに苦労しました。
また、試作品をもとに全37項目からなるアンケートをもとに約100名にモニター会を実施し、あかまるトマトらしいカレーを実現しました。

・商品名 :名古屋コーチンあかまるトマトカレー
・内容量 :200g
・定価 :750円(税込)
・原材料名:プロモンテファーム荒すりおろしトマト、鶏肉(名古屋コーチン)、トマトペースト、玉ねぎ、植物油脂、トマトケチャップ、人参、砂糖、ココナツ、リンゴパルプ調製品、チキンエキス混合品、カレーパウダー、食塩、ルウ(乳成分含む)、チキンブイヨンパウダー(小麦・大豆含む)、にんにく加工品、生姜加工品/増粘剤(加工でん粉)、甘味料(ソルビット)


■甘いだけではなく酸味と旨味のバランスがとれた「あかまるトマト」
水耕栽培で使われる環境制御システムと土耕栽培を組み合わせた生産手法で栽培をしています。この組み合わせた栽培方法により、作物が光合成を最大化できる最適な環境を整え、高収量と高品質を同時に実現しています。

【統合環境制御システム】
トマトにとって最適な環境を整えるため、太陽光・水・風・温度・湿度・二酸化炭素・酵素肥料のすべてをICT技術で自動管理しています。作物が光合成を最大化できる最適な環境を整え、高収量を実現しています。

【土耕栽培】
日本古来の土耕栽培で酵素の力を最大限活用し、生物を阻害するのではなく細菌や微生物と共生しながら、植物本来の力を引き出し、病害虫に強い植物を育てることです。
土中の微生物や細菌には酵素をつくる機能があり、この微生物から作り出される酵素には、水や肥料を 吸いやすい環境をつくって根を働きやすくする作用があり、植物の育成を支えます。
そして健康な植物は害虫を寄せ付けにくくし、農薬に頼らないたくさんの実をつける立派な植物に成長していくのです。植物本来のおいしさを引き出すことで、美味しさと栄養価が通常よりぎゅっと詰まった健康にいいトマトづくりを目指しています。


■シェフも認めるプロモンテファームのトマト
隣接する岡崎市中心に飲食店展開する「CANVAS」のExecutive chef 吉永 慎太郎氏、東京・西麻生で「リストランテ・アルポルト」を運営する片岡 護シェフ、豊川の人気ラーメン店「ガチ麺道場」の製麺師 上野 信広氏、ホテルアークリッシュ豊橋の「レストランKEI」などで、プロモンテファームのあかまるトマトやそれをつかったケチャップやソースなどの加工品が採用されています。


■2019年9月よりいちご栽培参入〜プロモンテファームの展望
有限会社プロシードは、「豊かな暮らしをトータルコーディネート」するモットーに、LPガス・水道工事から住宅リフォーム事業でと豊川市に密着して事業を行ってきました。おかげさまで、長年地域の皆様に愛されてきたおかげで事業を継続してくることができました。その恩返しをするには何ができるのかということずっと考えてきました。
日本の農業従事者の高齢化は豊川市でも同様です。農業王国豊川を豊かにする、また地域の皆様の「食生活」も豊かにできる事業だと信じています。それが私たちプロシードの「豊かな暮らしをトータルコーディネート」することなのです。
プロモンテファームは、本宮山の入り口ということもあり、近隣市町村や県外からの登山客も訪れます。トマト生産だけではなく、トマトの収穫体験や食育イベントなどを行ってきました。2019年秋にいちご生産に参入します。「いちご狩り」を通じて、より多くの方に本宮山はもちろん豊川市の魅力を発信していきたいと考えています。
豊川市民の皆様、そして豊川に遊びに来てくれる人を増やすこと、そして楽しんでもらえることがプロモンテファームの使命なのです。


■会社概要
会社名 : 有限会社プロシード
本社所在地: 〒442-0014 愛知県豊川市豊栄町31
設立 : 1961年12月
代表者 : 伊豫田 英貴
事業内容 : 農業事業プロモンテファーム、水道修理(水漏れ・詰まり・
壊れなど)、LPガス、住宅リフォーム、内装工事、外構工事、
外壁塗装・屋根塗装、防水工事、電力事業、飲料水販売 等
農園名 : プロモンテファーム
農園所在地: 〒441-1202 愛知県豊川市上長山町手取8-4
URL : http://promontefarm.com/
アクセス : 東名高速道路「豊川IC」より6km(車・約15分)
豊川稲荷より8km(車・約20分)
「日帰り天然温泉 本宮の湯」より400m(徒歩5分・車1分)
最寄り駅 : <電車>JR飯田線「長山駅」より1.8km(徒歩・約20分)
<バス停>豊川市コミュニティーバス一宮線「本宮の湯」下車(徒歩5分)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る