プレスリリース

有限責任 あずさ監査法人

あずさ監査法人Digital Innovation部を設立

(@Press) 2019年07月03日(水)13時30分配信 @Press

有限責任 あずさ監査法人(所在地:東京都新宿区、理事長:高波 博之)は、先進のデジタル技術を活用し、社会の期待に応える監査を実現していくために、これまでの次世代監査技術研究室の体制を拡充し、7月1日より新たに「Digital Innovation部」を設立しました。

AIやデジタル技術の進歩に伴い、不正発見や精査に近い監査への注目も高まり、会計監査に対する期待が拡大しています。また、企業のグローバル化が一層進展する中、不正・コンプライアンスへの社会からの注目度も高まっています。
Digital Innovation部では、監査のデジタル化を以下3つの視点(3C)で集中的に発展させ、社会・クライアントに対してインサイト(付加価値ある洞察や知見)を提供していきます(3C×Insights *注)。

> 精査的な手法を用いる「網羅的監査」(Comprehensive Audit)
> データの一元管理に対応した「一元的監査」(Centralized Audit)
> リアルタイムに会社データをチェックする「リアルタイム監査」(Continuous Audit)

Digital Innovation部では、社会のデジタルニーズに対応する新しいソリューションの開発、AIを活用した監査、監査手続の高度化、効率化等を推進していきます。デジタルへの対応力強化を図るため、法人内のプロフェッショナル全員に対してデジタルリテラシーの研修内容を拡大するとともに、毎年1,000名超を対象として、データ分析やデータベース等に関する集中プログラムを実施し、現場における監査業務のデジタル化を推進していきます。また、さらなる発展を目指し、データサイエンティストおよびIT監査スキルを持つ多様な人材の採用を進めます。

また、当法人の100%子会社であり、クライアントのデジタル変革やイノベーションを創発支援する株式会社KPMG Ignition Tokyo (代表取締役社長兼CEO:茶谷公之)と連携を図りながら、AI等最先端技術を監査業務へ取り込んでいきます。

*注 3C×Insights…Comprehensive Audit(網羅的監査)、Centralized Audit(一元的監査)、Continuous Audit(リアルタイム監査)、Insight(知見)を加えたより高度なデジタル監査を意味する造語


■概要
名称 :有限責任 あずさ監査法人 Digital Innovation部
設立日:2019年7月1日
代表者:部長 丸田 健太郎(まるた けんたろう)
副部長 坂寄 圭(さかより けい)
人員数:約200名(2019年7月1日時点、兼務含む)


■Digital Innovation部が志向する監査
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187389/LL_img_187389_1.png
イメージ


■あずさ監査法人について
有限責任 あずさ監査法人は、全国主要都市に約6,000名の人員を擁し、監査や各種証明業務をはじめ、財務関連アドバイザリーサービス、株式上場支援などを提供しています。金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、153ヵ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る