• トップ
  • リリース
  • 都内に展開するサブスク型住居サービス「クロスハウス」の管理部屋数が3,500室を突破!2026年までに世界で1万室を目指す

プレスリリース

株式会社クロスハウス

都内に展開するサブスク型住居サービス「クロスハウス」の管理部屋数が3,500室を突破!2026年までに世界で1万室を目指す

(@Press) 2019年06月28日(金)10時30分配信 @Press

この度、サブスクリプション(定額)型住居サービス「クロスハウス」を提供している株式会社クロスハウス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:鳥井 淳史)が、管理部屋数3,500室(ベッド)を突破しましたので、ご報告いたします。当社はサブスクリプション型で、どの物件でも移動が無料のコリビング(共有居住空間)サービスを提供しております。「クロスハウス」サービスの特徴は、(1) サブスクリプション型で、(2) 物件間を無料で移動ができ、(3) コリビングを持つシェアハウス型という点です。

今後は、東京都内だけでなく、全国でも管理物件数を増やしていく予定です。

クロスハウス: https://x-house.co.jp


【クロスハウスとは】
東京都内の物件が住み放題、移動し放題のサービスです。

「クロスハウス」サービスは、今までの賃貸契約の概念を覆す画期的なサービスです。今までは、一度、賃貸借契約をすると何年も住み続けないといけないというものが常識でした。「クロスハウス」サービスでは、管理物件内の3,500室(ベッド)であれば、移動が無料で行えます。転職や就職、学校の入学などでライフスタイルが変わった場合には非常に便利なサービスです。もちろん、気分転換のために部屋を移動したいという場合でも当サービスが利用できます。見学ができない場合でも、気に入らなければ、入居後に何度でも移動が可能です。そのため、海外や地方から来る方に対して、非常に人気が高いサービスとなっております。

物件の移動が無料
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_2.jpg

タイプの変更が無料
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_3.jpg


【利用方法】
初期費用3万円を払えば、どの物件でも移動ができるようになります。

「クロスハウス」の利用手続きは、物件探しから契約までをWEB上で行えるサービスになります。従来の不動産では、賃貸借契約書や重要事項説明など部屋を借りる際に対面での契約が必要でしたが、当社は対面での契約を不要とし、WEBでの契約が可能です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/LL_img_187161_1.jpg
WEBで契約


【手続き方法】
(1) WEB上から希望物件を選んで、必要情報を記入します。

(2) 担当者が物件の説明を行います。

(3) WEB上にて契約を行い、入金後、契約になります。
※物件によっては鍵渡しがございます。


【商品の説明】
東京で家賃を2万円から提供しています。

「クロスハウス」サービスは、都内を移動できるだけでなく、家賃2万円から東京に住める若者に優しい物件を提供しています。また、価格も家賃と光熱費がサブスクリプション(定額)のため、安心して利用が可能です。サービスエリアは東京だけでなく、神奈川県、埼玉県にもエリアを拡大しております。
また、部屋の移動だけでなく、部屋タイプの変更(移動)も無料で行えます。部屋タイプのラインナップは、シェアドアパートメント、シェアハウス(個室、セミプライベート、ドミトリー)、家具付きワンルームになっております。

物件エリアマップ
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_4.jpg


【商品】
●シェアドアパートメントタイプ
価格 :3万円〜
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスとアパートメントとの中間商品です。
具体的には、部屋にはテレビ、冷蔵庫、ベッドが標準装備で、
水回りのみ共有のタイプです。リビングがないタイプです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_5.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_7.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_8.jpg

●シェアハウス(個室タイプ)
価格 :4万円〜
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスの個室で、共有リビングがあります。
リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。

https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_9.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_10.jpg

●シェアハウス(セミプライベートタイプ)
価格 :3.98万円
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスのセミプライベートで、共有リビングがあります。
個室よりも狭くなりますが、その分、価格が安くなります。
リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。
セミプライベードタイプの中には、
半個室タイプ、シェアルームタイプ、ロフトベッドタイプがあります。

ロフトベッド例
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_11.jpg

半個室例
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_12.jpg

シェアルーム例
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_13.jpg

●シェアハウス(ドミトリータイプ)
価格 :2.98万円
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスのドミトリータイプ(2段ベッド)で、
共有リビングがあります。セミプライベートタイプよりも
狭くなりますが、その分、価格が安くなります。
リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。

ドミトリー例
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_14.jpg

●家具付きアパートメント
価格 :7万円〜
共益費:なし。ガス水道などは各自で契約するタイプです。
特徴 :家具家電付きのアパートメントタイプです。
冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、ベッドが標準装備で、
上京される方に喜ばれるタイプです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_15.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_16.jpg


【利用者の声】
●利用例:上京してきた人の感想
「上京する前にWEBで契約ができるので、東京に来た時に安心して住むことができました。」

●利用例:転職した人の感想
「転職した会社の駅に、クロスハウスがあったので、すぐに移動しました。初期費用もいらなかったので、助かりました。」

●利用例:部屋のタイプを変えた人の感想
「給料が上がったので、ドミトリー(タイプ)から個室に移動しました。いいサービスだなと思います。」

●利用例:海外から契約した人の感想
「外国での手続きは不安でした。クロスハウスは日本語以外でも対応してくれました。おかげでとても安心して契約を進めることが出来ました。実際に、見学できない事が不安でしたが、移動無料のサービスがあったため、契約に踏み切ることが出来ました。」


【今後の展開】
今後は、日本だけでなく、海外でも使えるようにしたい。「世界をクロスする」それが私たちのミッションです。
当社代表は、「これから、関東だけでなく、全国や海外でも無料で移動ができる部屋を提供していきたいと考えています。それが経済の活性化につながり、新しい住まいの形として定着させること“世界をクロスする”という事が私たちのミッションです。これから2026年までに全世界で1万室を目指します。」と話す。

https://www.atpress.ne.jp/releases/187161/img_187161_17.jpg

YouTubeで、私たちのミッションを公開しております。
https://www.youtube.com/watch?v=2L5daf78D2A


【会社概要】
社名 : 株式会社クロスハウス
本社所在地: 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-57-6 グランフォーレB1F
代表 : 代表取締役 鳥井 淳史
設立 : 2007年
資本金 : 10,000,000円
事業内容 : シェアハウス運営・管理
URL : http://x-unit.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る