• トップ
  • リリース
  • 中野区長と外国人留学生の懇談会「外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」7月3日(水)、中野キャンパスにて

プレスリリース

学校法人明治大学広報課

中野区長と外国人留学生の懇談会「外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」7月3日(水)、中野キャンパスにて

(@Press) 2019年06月21日(金)14時00分配信 @Press

明治大学国際日本学部の山脇啓造ゼミ(多文化共生論)は、7月3日(水)に中野キャンパスで中野区長と外国人留学生の懇談会「外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」を中野区と共催します。今年で5回目の開催となります。

中野駅北口の再開発によって警察大学校跡地に生まれた「中野四季の都市(まち)」には、明治大学の新キャンパスや早稲田大学の国際寮が開設され、中野は外国人留学生が大勢行き交う国際的なまちに変化しました。

今回の懇談会では、酒井直人中野区長と韓国、台湾、中国、ベトナム出身の8名の外国人留学生と日本人学生2名が、住宅探しや生活マナーなどをテーマに、中野が外国人にとって住みやすいまちになるには、どうしたらよいか議論します。
どなた(先着50名)でもご参加いただけます。

中野区長×外国人留学生「外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186841/table_186841_1.jpg




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る