• トップ
  • リリース
  • 国際物流のスペシャリストを目指す方必見!「国際物流技術管理士資格認定講座」2019年度の受講者を募集中

プレスリリース

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

国際物流のスペシャリストを目指す方必見!「国際物流技術管理士資格認定講座」2019年度の受講者を募集中

(@Press) 2019年06月03日(月)09時00分配信 @Press

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(本部:東京都港区、会長:遠藤 信博)は、国際物流のスペシャリストを目指す方のための資格認定講座である「国際物流管理士資格認定講座」の、2019年度の募集を開始しました。本講座はわが国唯一の国際物流のスペシャリスト育成講座として1979年に開講し、今年で41期目を迎え、これまで1,554名の国際物流管理士を輩出しております。

URL: https://www1.logistics.or.jp/education/ilm.html


■国際物流管理士資格認定講座では
・国際物流に関する専門知識やマネジメント技術、最新情報や企業事例を総合的に学びます。
・グループ討議やケーススタディを通じて、実践力を習得します。
・様々な業種・役職の方々との交流を深め、実務では得がたいヒューマンネットワーク(人脈)を構築します。
・世界で使えるわが国唯一の国際物流スペシャリストの証「国際物流管理士 International Logistics Master」の資格が得られます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185126/LL_img_185126_1.jpg
講義風景

懇親会
https://www.atpress.ne.jp/releases/185126/img_185126_2.jpg


■国際物流人材に関してこのような悩みがある方に最適です
・国を跨ぐ調達・生産・物流といったサプライチェーンの構築・改善について企画・立案・実践・見直しができる人材を育てたい。
・国際物流の現状を把握した上で、課題の設定や解決に向けた中心的な役割を担うリーダーを育成したい。
・多国間取引の増加に伴い、国際物流の基本に加えて最近のFTA/EPAの条約等の国際法規・ルールを習得した、ロジスティクスの円滑化に貢献できる人材を育てたい。
・次代の海外駐在要員として、各国の物流事情の把握、現地マネジメント手法を身につけた、グローバル視点を持つ人材を育てたい。


■国際物流管理士に期待される到達レベル
(1)国際物流やグローバルロジスティクスに関する専門知識を有し、実務で活かすことができる。
(2)自社の物流の現状を把握し、問題発見や解決すべき課題を設定することができる。
(3)課題解決策を立案し、国内外問わず、社内外の関係者の理解と協力を得ながら実行することができ、さらにその効果を評価することができる。
(4)グローバルレベルで全体最適を志向し、幅広い視点で新たな事業やサービスを企画・提案することができる。
(5)海外赴任先において、異なった価値観や習慣を持つ現地スタッフに対して、指導や権限委譲を行いながら、チームとしてまとめ、実務を遂行することができる。


■2019年度開催日程(開講から認定証授与式まで全20日間)
2019年9月10日〜2020年3月4日


■受講料
会員 :400,000円+消費税(1名あたり)
非会員:500,000円+消費税(1名あたり)
※所定の資格を有する方には優待料金制度あり。
※本講座は厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)対象講座です。


■申込
下記URLよりお申込みください。
https://www1.logistics.or.jp/education/ilm.html


■協会概要
商号 : 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
所在地 : 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3F
設立 : 1992年(平成4年)6月10日
所管 : 内閣府
URL : https://www1.logistics.or.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る