• トップ
  • リリース
  • アトムシステム、倉庫管理システムのAlibaba Cloud対応版を5/8に提供開始

プレスリリース

株式会社アトムシステム

アトムシステム、倉庫管理システムのAlibaba Cloud対応版を5/8に提供開始

(@Press) 2019年05月07日(火)12時45分配信 @Press

流通業・製造業向けの各種ITサービスを開発・販売する株式会社アトムシステム(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:細野 哲也、以下 アトムシステム)は、自社開発の倉庫管理システムのAlibaba Cloud対応版「AtomWMS on Alibaba Cloud」を2019年5月8日から提供開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182932/LL_img_182932_1.png
クラウド倉庫管理システム、AtomWMSがAlibaba Cloudに対応

AtomWMSは、基本業務に即した倉庫運用に必要な各種機能を提供する倉庫管理システムです。
企業単位のライセンス形態を採用しており、拠点数やユーザー数が増加してもライセンス費用が変化しないことから、管理規模が大きな現場への導入に強みを持っています。
海外グループ会社を通じて国際展開を計画しており、その一環として今回SBクラウド株式会社が提供する、アジア圏に強みを持つAlibaba Cloudへの対応を決定いたしました。今後は日系製造業の海外工場等を中心に「AtomWMS on Alibaba Cloud」の導入を進めていく予定です。


■展示会出展について
2019年5月8日(水)〜10日(金)東京ビッグサイト青海展示棟にて開催される「クラウドコンピューティングEXPO【春】」SBクラウドブース内にてこちらの製品を展示予定です。


■SBクラウドについて
ソフトバンク株式会社とアリババグループが2016年1月に設立した合弁会社で、2016年12月から「Alibaba Cloud」の日本国内データセンター運用やサービスのローカライズ、日本語サポートを行っています。


■Alibaba Cloudについて
「Alibaba Cloud」は、アリババグループのクラウドコンピューティング部門であるアリババクラウドが提供するクラウドサービスです。アリババクラウドは、世界トップ3のIaaSプロバイダー※1かつ、中国国内で最大のパブリッククラウドサービスプロバイダー※2として、アリババグループのマーケットプレイスやスタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする、世界中の事業者に包括的なクラウドコンピューティングサービスを提供しています。
※1 出典:Gartner Worldwide IaaS Public Cloud Services Market Share, 2016-2017
※2 出典:IDC Semiannual Public Cloud Services Tracker, 2018 H1


■アトムシステムについて
1981年創業の独立系ソフトウェアベンダー。製造業や流通業の現場効率化とそこから生まれるキャッシュフロー改善を目的とした各種IT・IoTサービスを国内及び海外へ提供しています。
(海外サービスは主にマレーシア及びバングラディシュの現地法人を通じて展開中)


■会社概要
会社名 :株式会社アトムシステム( http://www.atomsystem.co.jp/ )
本社 :神奈川県藤沢市南藤沢5番9号 朝日生命藤沢ビル8F
代表者 :代表取締役社長 細野 哲也
設立 :1981(昭和56年)12月1日
資本金 :100,000,000円(2019年4月1日現在)


■お問合わせ先
下記の連絡先よりWMS担当までお問合わせください。
株式会社アトムシステム WMS担当
mail: solution@atomsystem.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る