プレスリリース

中央出版株式会社

【FIRST(R)LEGO(R)LEAGUE年間コース開講】

(@Press) 2019年04月23日(火)13時30分配信 @Press

世界の舞台に向けて特別クラスが始動
中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)運営するロボット製作×プログラミング×STEM教室の「Kicks」では、毎年12月に開催されるロボット競技大会「First(R)LEGO(R)League」の地区大会に向けて、年間を通じて個人の能力・チーム力・ミッション攻略スキルを向上させ、世界大会出場を目的とした特別カリキュラムをスタートしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182775/img_182775_1.png
◆年間コースで培うチカラ
・一人一人のロボット製作とプログラミング力の基礎力向上
・全国・世界大会を目指すために必要なチームとしてのスキル向上
・良いチームとは?をそれぞれが考え、お互いを尊重し合えるチーム作り
目的は立派なロボットを作ることではありません。仲間と協力して問題の解決策を見つけ出すことの大切さを学びながら世界の舞台を目指します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/182775/img_182775_2.jpg
◆First(R)LEGO(R)League(FLL)とは?
9 歳〜16 歳の青少年を対象とした世界最大規模の国際的なロボットコンテストです。競技は自律型ロボットで 2分30 秒の間にミッションの攻略を目指す『ロボットゲーム』と、「プロジェクト」「ロボットデザイン」「コア・バリュー」の 3分野『プレゼンテーション』で競い合います。
テーマは、毎年異なるテーマが発表され、自分たちで調査し問題点を見つけ出し、解決策までをプレゼンテーションします。子ども達は科学技術に親しみながらチームで取り組むFLLの活動は、プログラミング教育、アクティブ・ラーニングを実践する、21 世紀型スキルを身につけるのに適した教育プログラムであると考えられています。

◆Kicks講座には、じっくり考えて、あきらめずに、やりぬくチカラを育てる4つのポイントがあります。
1)ハンズオン 2)プログラミング 3)STEM教育※ 4)プレゼンテーション
※STEM教育とは?
( Science [ 科学 ] / Technology [ 技術 ] / Engineering [ 工学 ]/ Mathematics [ 数学 ] )
教科ごとに断片的に学ぶのではなく、さまざまな分野を横断的・統合的に学び、課題発見・解決能力を養います。
現在、各教室で無料体験イベントを実施中です。詳しくはHPをご覧ください。
中央出版 ロボット科学教育Kicks http://www.robot.chuoh.com/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る