• トップ
  • リリース
  • 東京モノレール「新旅客案内システム」の音声にVoiceTextが採用

プレスリリース

HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker SBU

東京モノレール「新旅客案内システム」の音声にVoiceTextが採用

(@Press) 2019年04月23日(火)12時00分配信 @Press

HOYA株式会社(本社:東京都新宿区、代表執行役CEO 鈴木洋)MD部門ReadSpeaker SBUは、東京モノレール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 小栗彰)の「新旅客案内システム」の音声にVoiceTextが採用されたことをお知らせします。

■ [新旅客案内システム]
「新旅客案内システム」は東京モノレール全駅で提供される多言語情報サービスです。このサービスでは、日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語での自動放送と、それぞれの放送案内に合わせたテロップ、画像を配信しています。異常時には事前に設定したメッセージを配信、平常時には利用マナーのお願いや、沿線案内、イベント開催案内などの情報を配信しています。
VoiceTextはこの「新旅客案内システム」での放送用音声に採用され、多言語による放送を実現しました。

■ [多言語放送xVoiceTextエディタ]
音声合成ソフトウェアVoiceTextを利用することで録音時のリテイク、雑音などを気にすることなく、高品質な音声ガイダンスを作成することが出来ます。また、ガイダンスの内容の変更も簡単に出来ます。
VoiceTextは20言語以上に対応しており、VoiceTextを採用することで日本語だけでなく英語・中国語・韓国語での放送を実現しました。


「VoiceText エディタ」はシンプルかつ直感的に使用することが出来るので、誰でも簡単に効率良く音声ファイルの作成をすることが可能です。

製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-editor/

■ [本リリースに関するお問い合わせ先]
HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker SBU
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:http://voicetext.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/voicetext.jp
公式Twitter:https://twitter.com/voicetextjp
※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る