• トップ
  • リリース
  • TDCソフトが経済産業省より「スマートSMEサポーター」に認定

プレスリリース

TDCソフト株式会社

TDCソフトが経済産業省より「スマートSMEサポーター」に認定

(@Press) 2019年05月14日(火)11時00分配信 @Press

TDCソフト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:谷上 俊二、以下 TDCソフト)は、中小企業の生産性を高めるためのITツールを提供しているITベンダーとして、経済産業省より「認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」に認定されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182532/LL_img_182532_1.jpg
Smart SME Supporterロゴ

経済産業省は、中小企業の生産性向上・経営基盤の強化のため、IT活用を支援するITベンダー等を情報処理支援機関として認定する制度を創設しました。認定制度は、ITベンダーへ中小企業・小規模事業者が使いやすいITツールの開発を促し、中小企業にとってはITの利活用を検討する際に必要な情報が開示されており、ITベンダーやITツールを選定しやすくすることを目的としています。

現在376機関が認定されており、TDCソフトはこのたび2019年4月17日にスマートSMEサポーターとして認定されました。今回の認定を機に、中小企業等向けのRPA・AIの提供や、使いやすいクラウド製品の開発を強化し、今後もお客様の生産性向上・経営基盤の強化を支援してまいります。


【関連情報】
▼認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度に関するホームページ
https://smartsme.go.jp/
▼情報処理支援機関として新たに107機関を認定しました(中小企業庁お知らせ)
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2019/190417supporter.htm


■TDCソフトについて
昭和37年創業の独立系システムインテグレーター。金融、エネルギー、製造、流通などあらゆる分野の業務システム開発に加え、ITインフラ・ネットワーク構築、クラウド、パッケージソリューションなど幅広いITサービスを提供。これまでに培ったシステム構築のノウハウと最新技術を組み合わせた付加価値の高いソリューションの提供で、お客様のビジネスを変革する次世代のシステムインテグレーターを目指します。
※本リリースに記載された法人名・サービス名等は、各法人の商標または登録商標です。


■TDCソフト株式会社
代表者 : 代表取締役社長 谷上 俊二
創業 : 1962年(昭和37年)10月16日
上場市場: 東京証券取引所 市場第一部(証券コード 4687)
資本金 : 9億7,040万円(2019年4月現在)
所在地 : 東京都渋谷区代々木 3-22-7 新宿文化クイントビル
URL : https://www.tdc.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る