• トップ
  • リリース
  • 既存ストックの活用で新しく生まれ変わった団地が完成!公社のリノベーション賃貸『アンレーベ横浜星川』

プレスリリース

神奈川県住宅供給公社

既存ストックの活用で新しく生まれ変わった団地が完成!公社のリノベーション賃貸『アンレーベ横浜星川』

(@Press) 2019年03月20日(水)10時00分配信 @Press

神奈川県住宅供給公社(所在地:神奈川県横浜市、理事長:猪股 篤雄)は、昭和29年3月に「桜ヶ丘共同住宅」(横浜市保土ヶ谷区)を竣工しました。築60年以上が経ち、建物の老朽化、また設備面でも現代の賃貸住宅と比較して性能が劣る部分があったことから、今後も優良な公社賃貸住宅として継続させるための施策として「住宅性能改善事業」を実施しました。そして、外断熱改修や住戸リノベーション等の工事完成に伴い建物名称を『アンレーベ横浜星川』に変更し、新規入居者募集の現地申込受付・オープンルームを2019年3月27日(水)〜3月31日(日)に開催することとなりました。オープンルームでは、住戸内覧および現地申込受付をおこないます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179738/LL_img_179738_1.jpg
アンレーベ横浜星川

「住宅性能改善事業」は、既存ストック活用の視点から、これまでの外壁塗装・屋上防水、住戸内の改修工事(給湯器改修、洗濯機置場新設、排水設備更新等)をさらに一歩進め、外断熱化の採用、時代のニーズに即した間取り変更(フルリノベーション工事)、階段室の仕様変更(モザイクタイル)、建物全体のデザイン性の向上等を行うことで、建物の長寿命化を図るとともに良質な住環境を提供することを目的としています。また、外部にアルミルーバーを設置することにより、屋外の配管を目隠しするだけでなく、シャープな印象を持たせるデザインとなっております。


1 物件概要
(1)所在 :横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-18-28
(2)交通 :相鉄本線「星川」下車徒歩14分、
JR横須賀線「保土ヶ谷」下車徒歩16分
(3)総戸数 :32戸
(4)構造・規模:鉄筋コンクリート造 1棟 4階建
(5)共用部設備:集合郵便受け(A4アマゾン対応)、自転車置場、バイク置場、
防犯カメラ、宅配ボックス


2 モデルルーム・入居申込受付について
現地申込受付:2019年3月27日(水)から3月31日(日)11時〜16時
(最終日は15時まで)
※入居資格等の詳細は下記までお問合せください。

<募集概要>
(1)募集住戸 :8戸
(2)間取り・専有面積:1LDK 37.30m2
(3)家賃 :月額62,100円〜65,300円
(4)共益費 :月額4,300円
(5)敷金 :家賃の3ヶ月分
(敷金減額キャンペーン適用により家賃1ヶ月分に減額)
(7)入居申込方法 :現地申込受付をおこないます。
申込み多数の場合は抽選となります。
(8)入居予定時期 :2019年5月10日

チラシURL:
http://www.kanagawa-jk.or.jp/files/upload/20190316120006.pdf


【オープンルームに関するお問合せ先】
公社の賃貸募集窓口
TEL:0120-100-107(営業時間 9:00〜17:30/無休)
ホームページ: http://www.kousha-chintai.com/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る