• トップ
  • リリース
  • アスパラガス新栽培技術「採りっきり栽培(R)」普及推進のセミナーを行います

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

アスパラガス新栽培技術「採りっきり栽培(R)」普及推進のセミナーを行います

(@Press) 2019年03月13日(水)11時00分配信 @Press

明治大学農学部農学科の野菜園芸学研究室(担当:元木悟准教授)とパイオニアエコサイエンス株式会社(本社:港区虎ノ門、代表取締役社長:竹下達夫)は、3月22日(金)生田キャンパスにて、明治大学発のアスパラガス新栽培法「採りっきり栽培」の普及と地域農業との連携を目的にセミナーを開催します。今回のセミナーは、桜が開花前の早期定植直後の苗の生育状況と昨年台風の被害を受けた圃場の春の萌芽状況の圃場視察と栽培技術の座学の2本立てとなります。アスパラガス新栽培技術「採りっきり栽培」が普及していく中で、多くの関係者と現状そして今後の課題について、教員・学生・生産者・地域社会の方が集まり、大いに議論する場となります。

“採りっきり栽培”は何が画期的なのか??
アスパラガスは野菜のなかでも常に人気ですが、栽培に手間暇がかかり、農業従事者の作業負荷が大きく、栽培が難しい野菜となっています。同研究室ではこうした栽培現場の問題を解決すべく、アスパラガスの新しい栽培方法「採りっきり栽培」を開発し、定値1年目でこれまでにない日本最大級の成長を実現させました。

“採りっきり栽培”の今後の可能性は??
同栽培方法はこれまでアスパラガス栽培が行われていなかった地域でのアスパラガス栽培の普及の可能性を秘めており、実際に神奈川県川崎市、東京都多摩市および秋田県横手市では、明治大学野菜園芸学研究室との間で、アスパラガス新栽培法「採りっきり栽培」の共同研究がすでに始まっております。近い将来、ブランド化した「採りっきり栽培」のアスパラガスが市場に登場するかもしれません。

アスパラガス採りっきり栽培セミナー
会場:明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1)南圃場及び第二校舎A館208教室
日時:2019年3月22日(金)10:30〜14:30
受付時間:10:00より ※受付は第ニ校舎A館208教室
内容:10:30〜 圃場見学 12:55〜 栽培セミナー 14:30 終了
主催:明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室/共催:パイオニアエコサイエンス株式会社(明治大学と共同研究中)
参加料:無料/申込:参加自由


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る