プレスリリース

中央出版株式会社

【ロボット検定 for EV3】開催のお知らせ

(@Press) 2019年03月19日(火)10時00分配信 @Press

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田哲次)は、全国でロボット科学教育を展開する株式会社ロボット科学教育(神奈川県横浜市青葉区、代表:鴨志田 英樹)と共同で日本各地に展開しているレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング教室を開講しています。
中央出版株式会社の各教室はロボット検定を受験できる認定校です。2019年第1回目のロボット検定は4月に実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178897/img_178897_1.jpg

2020年より、小学校のプログラミング教育が必修化となります。それにより昨今、プログラミング教育は社会的な関心が著しく高まっております。プログラム教育が必修化になる背景として、社会に出たときに必ず求められる論理的思考力、問題解決能力を身につけ、世界に通用する力を養うことが挙げられます。また、今後IT関連のビジネスが拡大していくことが予想される中、人材不足が予測されるため、将来、手に職を付けることもできます。現在、大注目の習い事となっています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/178897/img_178897_2.jpg

学習成果を認定する5つのグレード
ロボット検定For EV3(3級・準2級・2級・準1級・1級)
対象は小学生以上高校生まで。プログラミング(センサー制御、条件分岐、変数など)とロボット全般に関しての知識・実技問題が出題されます。
3級から1級までの5つのグレードに分かれ、1級ではC言語の課題も出題されます。検定に合格することで学習到達度の指針となり、また自分の実力を社会に示す材料の1つにもなります。上位級を取得することで、中学・高校・大学入試の面接では学習成果のアピールに役立つことでしょう。
2019年2回目のロボット検定は10月に実施予定です。

・日程:2018年4月21日(日)
・実施級:3級・準2級(60分間)
※教室により、実施級・時間は異なります。
・申込期間:3/21(金)〜4/11(木)
・申込方法:ロボット検定HPよりお申し込みください。( https://robogiken.jp/ )
・受験料
3級:3,150円 準2級:3,650円
(すべて税抜)
・時間 :60分
※初めての受験の方は、3級からの受験となります。
※中央出版では、今回の実施級は「3級」「準2級」のみです。

Kicks講座には、じっくり考えて、あきらめずに、やりぬくチカラを育てる4つのポイントがあります。
1)ハンズオン 2)プログラミング 3)STEM教育※ 4)プレゼンテーション
※STEM教育とは?( Science [ 科学 ] / Technology [ 技術 ] / Engineering [ 工学 ]/ Mathematics [ 数学 ] )
教科ごとに断片的に学ぶのではなく、さまざまな分野を横断的・統合的に学び、課題発見・解決能力を養います。
現在、各教室で無料体験イベントを実施中です。詳しくはHPをご覧ください。
中央出版 ロボット科学教育Kicks http://www.robot.chuoh.com/



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る