• トップ
  • リリース
  • 訃報 日本玩具文化財団・創設者、佐藤 安太 儀 2月26日永眠いたしました

プレスリリース

  • 記事画像1

一般財団法人日本玩具文化財団

訃報 日本玩具文化財団・創設者、佐藤 安太 儀 2月26日永眠いたしました

(@Press) 2019年03月01日(金)15時00分配信 @Press

一般財団法人日本玩具文化財団 創設者 佐藤 安太 儀、療養中の処 2月26日に老衰のため永眠致しました。
ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます。
なお密葬の儀は近親者のみで執り行い、お別れの会を後日執り行います。お別れの会の詳細は追ってお知らせいたします。
(密葬については、お花、弔電等は、献辞といたします)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178526/LL_img_178526_1.jpg
日本玩具文化財団・創設者 佐藤 安太 儀

【略歴】
株式会社タカラの創業者。「リカちゃん」人形や「人生ゲーム」「チョロQ」「フラワーロック」等々、数多くの商品を発売。平成5年(1993年)には、故郷である福島県に「リカちゃんキャッスル」をオープン。平成14年(2002年)に株式会社タカラ退任後、NPO法人ライフマネジメントセンターを設立し、理事長となる。また平成19年(2007年)、山形大学大学院理工学研究科ものづくり技術経営学専攻の博士課程に入学。平成22年(2010年)3月末に博士課程を修了し、工学博士号取得。
同年8月からは、山形大学客員教授、工学博士となり、社会に通じる人材育成技術を確立するため、人生と仕事の両面で「ヒトづくり」に尽力した。成功と幸運を呼び込むヒトづくりの技術「未来設計と成功エンジニアリング」を開発し、企業経営者、地方公務員、中高年齢者、大学生など幅広い世代に未来にむけた知恵を与えた。
※株式会社タカラは2006年に株式会社トミーと合併しました。


氏名 佐藤 安太(さとう やすた)
逝去日 2019年2月26日
享年96 (大正13年3月20日生 94歳)

大正13年(1924年) 3月20日生まれ 福島県いわき市三和町出身
昭和20年(1945年) 米沢工業専門学校化学工業科(現:山形大学工学部)卒業
昭和28年(1953年) 株式会社タカラの前身である佐藤加工所創立
(東京都葛飾区宝町)
昭和30年(1955年) 有限会社佐藤ビニール工業所を設立
昭和35年(1960年) 「だっこちゃん」が大ヒット
昭和42年(1967年) 株式会社タカラに社名変更
「リカちゃん」人形が大ヒット「人生ゲーム」「チョロQ」
「フラワーロック」「トランスフォーマー」と次々と大ヒット
平成5年(1993年) 故郷の福島県に「リカちゃんキャッスル」をオープン
平成14年(2002年) 株式会社タカラ退任後、
NPO法人ライフマネジメントセンター設立
平成22年(2010年) 山形大学大学院博士課程卒業後工学博士号を86歳で取得
平成22年(2010年) 山形大学工学部客員教授の称号を取得

要職
株式会社タカラ創業者
NPO法人ライフマネジメントセンター 理事長
一般財団法人日本玩具文化財団 名誉理事長
国立福島工業高等専門学校 客員教授
山形大学工学部 客員教授

公職歴
元(社)日本玩具協会会長
現 福島県・しゃくなげ大使を拝受
現 福島県いわき市・サンシャイン大使を拝受

褒章
勲四等 旭日小綬章受賞(平成7年)
黄綬褒章受賞(昭和61年)
科学技術長官賞受賞(昭和60年)

著作
「凡才、1000億をめざす―当たり前を確実にやるタカラの経営」(中経出版 1986年)
「あなたは成功できる: セルフコーチング自己実現法 7育5心3V法」(日経BP 2005年)
「自分を変えたいときにやるべきこと」(日本文芸社 2011年)
「おもちゃの昭和史: おもちゃの王様が語る」(角川書店 2011年)
「人生ゲーム: 人生は1マス5年で考えよう」(マイナビ 2013年)


<一般からのお問い合わせ先>
一般財団法人日本玩具文化財団
〒102-0082 東京都千代田区一番町8-15 一番町MYビル5F
TEL:03-5275-2861

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る