• トップ
  • リリース
  • 明治大学ELM・比較法研究所が国際シンポジウムを開催します「医薬品・医療機器をめぐる――日独諸制度の比較専門家を招いて――」

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

明治大学ELM・比較法研究所が国際シンポジウムを開催します「医薬品・医療機器をめぐる――日独諸制度の比較専門家を招いて――」

(@Press) 2019年02月25日(月)11時00分配信 @Press

明治大学ELMは本学法学部比較法研究所と共に、法務研究科医事法センターの後援で、3月21日(木・祝)10:50〜19:00、「医薬品・医療機器をめぐる――日独諸制度の比較専門家を招いて――」をテーマに、駿河台キャンパスグローバルフロントで国際シンポジウムを開催します。(事前予約不要)
シンポジウム開催の目的
近年のビックデータやAI 等の技術展開にともない、医薬品開発・医療機器開発のスタイルも、洋の東西を問わず大きな変革を遂げようとしています。そこで本シンポジウムでは、そのような変化を目前に控えた現在の日本・ドイツ両国間における法制度・法状況を多角的に比較することで異同・長短を明らかにし、今を見つめつつ次の時代へとつながるあり方を模索します。
明治大学法学部ELMとは
ELM(エルム)とは医事法と生命倫理に関する国内外の新旧さまざまな資料を取り扱う専門総合資料館です。2015 年4 月に開館し、現在では図書約17000 冊、文書系資料約70000 点を所蔵しています。詳しくは公式HPをご参照ください。
明治大学法学部ELM http://www.meiji.ac.jp/hogaku/elm/

国際シンポジウム「医薬品・医療機器をめぐる――日独諸制度の比較専門家を招いて――」
【日時】2019 年3 月21 日(木・祝) 10:50 〜 19:00
【場所】明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント(東京都千代田区神田駿河台1-1)
【共催】明治大学ELM・明治大学法学部比較法研究所
【後援】明治大学法務研究科医事法センター
【スケジュール】
10:50 〜 17:20 シンポジウム(申込不要・参加費無料)グローバルフロント 1 階 グローバルホール
1st session「医薬品・医療機器に関する制度概要」
アウクスブルク大学 Ulrich M. Gassner
明治大学 小西知世
2nd session「医薬品の規制をめぐる制度」
Merck KGaA Elmar Horner ※Merck KGaA はMSD とは異なる会社です
塩野義製薬株式会社 花輪正明
3rd session総合討論 指定発言者 厚生労働省政策参与 武田俊彦
17:30 〜 19:00 レセプション(事前申込制)グローバルフロント17 階 グローバルラウンジ

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る