• トップ
  • リリース
  • ダブルランプウェイ方式を採用したマルチテナント型物流施設「MCUD上尾」着工のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

三菱商事都市開発株式会社

ダブルランプウェイ方式を採用したマルチテナント型物流施設「MCUD上尾」着工のお知らせ

(@Press) 2019年03月01日(金)13時00分配信 @Press

三菱商事都市開発株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:糸川 裕樹)は、埼玉県上尾市にて開発計画を進めておりました物流施設「MCUD上尾」について、本日着工しましたのでお知らせします。
当社は今後も、三菱商事グループで長年培った物流施設の開発・運営ノウハウ、また当グループが持つ情報力を最大限駆使し、テナントや投資家のニーズに沿った優良な物流施設を収益不動産市場に提供 すべく、継続して開発事業を行ってまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177867/LL_img_177867_1.jpg
「MCUD上尾」イメージパース

■開発概要
(1) 立地
「MCUD上尾」は、主要幹線道路である上尾道路(国道17号線)に接道し、首都高速埼玉大宮線「与野」IC、圏央道「桶川北本」IC、東北自動車道「岩槻」ICの3か所のICへのアクセスが可能な立地に所在しています。また首都圏を環状に結ぶ国道16号線へも至近に位置しており、大消費地である埼玉県・東京都心部を中心に、首都圏の広域配送に適した立地です。

(2) 機能
ワンフロア約5,000坪を確保した5階建のマルチテナント型物流施設です。上り下り専用のランプウェイにより、5階を除く各階に直接トラックが乗入可能であり、有効天井高5.5m、積載荷重1.5t/m2と標準的な仕様を備えた汎用性の高い物流施設としています。
施設内には共用のラウンジを設置し、働きやすい環境づくりにも配慮しています。

所在地 :埼玉県上尾市大字中新井
交通 :首都高速「与野」IC 約7.4km
圏央道「桶川北本」IC 約8.6km
JR高崎線「上尾」駅・「宮原」駅 約3.8km
敷地面積 :約46,206.8m2(約13,977.6坪)
延床面積 :約92,024.0m2(約27,837.3坪)
構造・規模:鉄骨造 地上5階
設計・施工:新日鉄住金エンジニアリング株式会社
竣工時期 :2020年夏(予定)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る