• トップ
  • リリース
  • 開催!『アフターサービス市場での3Dデータ活用セミナー 〜3Dデータ活用がアフターサービスの収益を増加させる!〜』

プレスリリース

  • 記事画像1

ラティス・テクノロジー株式会社

開催!『アフターサービス市場での3Dデータ活用セミナー 〜3Dデータ活用がアフターサービスの収益を増加させる!〜』

(@Press) 2019年02月20日(水)09時30分配信 @Press

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志)は、デジタル総合印刷株式会社(本社:大阪市東住吉区、代表取締役:河内 克之)と合同で、『アフターサービス市場での3Dデータ活用セミナー 〜3Dデータ活用がアフターサービスの収益を増加させる!〜』を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177584/LL_img_177584_1.png
350社を超える「CATALOGcreator」の導入実積

本セミナーでは、海外350社を超えるアフターサービス市場に導入されている、3D/2D対応のWebパーツカタログシステム「CATALOGcreator」*を中心に、本システムを利用することで、日本やヨーロッパのWebパーツカタログの制作者や、それを使用する閲覧者がどのような有益な事を得ているのか?国内外の事例とともにご紹介いたします。

当日は、開発元であるドイツTIDインフォマティク社の担当者が来日し、海外における導入事例をご紹介いたします。更に、国内での導入事例として、日本における先進的な導入企業である、新潟原動機株式会社様に取組をご講演いただきます。

▼セミナー詳細・参加登録▼
https://www.lattice.co.jp/events/2019/0308-seminar


【開催概要】
日程:2019年3月8日(金)
受付開始 13:00〜/セミナー 13:30〜17:00/懇親会 17:00〜
会場:TKP市ヶ谷カンファレスセンター カンファレンスホール 7B
費用:無料(事前申込)
主催:デジタル総合印刷株式会社/ラティス・テクノロジー株式会社

* CATALOGcreatorとは?
ラティス・テクノロジー社のXVLをベースとした、ドイツTIDインフォマティク社の3D/2D対応のWebパーツカタログシステムです。電子パーツカタログに求められるカタログ提供者(カタログ製作の自動化、Web配信、閲覧者に対するサービスの向上)と、カタログ閲覧者(部品検索の高速化、発注プロセスの簡略化)それぞれの要件を満たすシステムとして、欧州を中心に350社以上の企業がこのパッケージシステムを導入しています。3Dデータを活用して様々な自動化を実現、2Dイラスト・Web3D・アフターパーツ・ドキュメントなど、あらゆるアフターサービス情報を連携したコンテンツ提供を可能にします。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る