• トップ
  • リリース
  • 話題の「ロイテリ菌」を配合 犬用オーラルケアサプリを歯科医師と共同開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

バイオガイアジャパン株式会社

話題の「ロイテリ菌」を配合 犬用オーラルケアサプリを歯科医師と共同開発

(@Press) 2019年02月12日(火)10時00分配信 @Press

バイオガイアジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:野村 慶太郎、以下 当社)は、歯科医院などで歯周病予防・治療などに採用されている「ロイテリ菌」を配合した犬用のオーラルケアリキッド「チェスくんのはみがき」を発売しました。犬の全身の健康は特に口内の健康状態と大きく関係しますが、歯磨きなどのケアが難しいことから、1日5滴与えるだけで歯周病やむし歯の原因菌をケアできる本商品を、歯科医師らとともに開発。今後は当社のECサイトや一部歯科医院などを中心に、2019年1月中旬から販売を始めています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176937/LL_img_176937_1.jpg
イラスト集付き特別パッケージ

●犬のオーラルケアの大切さ
歯周病菌は心筋梗塞や糖尿病などのリスクを高める重大な疾患です。また口は胃や腸などと繋がって外から様々な菌を取り込む入り口であり、口内の菌質管理が胃や免疫機能に大きな影響を与える小腸の細菌叢の健康を保つ上でも大切だということがわかっています。
特に犬においては腸内細菌の乱れにが食糞などの奇行の原因になると考えられ、野生よりも長寿の傾向にあるペットの犬のクオリティ・オブ・ライフを保つ上でも、人間以上に様々な機能を果たす犬の歯と口のケアが重要です。
そこで当社は日頃から協力関係にある歯科医師らの協力を得て、口内の歯周病菌や炎症をどのように抑制していくかという視点で、乳児のケアや介護の現場でも使用されているリキッドタイプの商品を犬用に流用するというアイデアを基に、本商品がリリースされました。


●ロイテリ菌で歯周病の原因菌にアプローチ
よく訓練された犬でも口内のブラッシングを嫌がる傾向にあり、また体温調節で口を開け、さまざまなものをくわえる犬にとって、重要なのは口内菌質の管理です。そこで開発されたのが歯周病菌やむし歯菌の増殖を抑制する機能を持ち、多くの医療機関で採用されている「ロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938)」を配合した「チェスくんのはみがき」(以下 本商品)です。オイルの中に生きたままロイテリ菌を封じ込めた本商品を犬の口に滴下するだけで口内菌質の管理が行えるため、水に加えたり、スプーンに垂らして舐めさせたりと犬や飼い主様に負担のない方法でオーラルケアが可能になります。


●初回生産特別パッケージで販売
本商品販売にあたり、イラストレーターの小彩楓さんの絵と元宝塚雪組の透水さらささんの歌をBGMに犬のオーラルケアと口内菌質管理を啓蒙するプロモーションムービーを制作。また、初回生産分は小彩楓さんの描いた絵本形式のイラスト集が付いた特別パッケージとなっています。

・商品名 : チェスくんのはみがき
・価格 : 5,000円
・内容 : L.ロイテリ菌配合リキッド 10ml(約50日分)
・商品紹介サイト: http://chess-hamigaki.info

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る