• トップ
  • リリース
  • 地域の魅力が描かれたピンズで絵本を完成させる休暇村オリジナル「旅する絵本」START!

プレスリリース

  • 記事画像1

一般財団法人休暇村協会

地域の魅力が描かれたピンズで絵本を完成させる休暇村オリジナル「旅する絵本」START!

(@Press) 2019年02月26日(火)12時00分配信 @Press

全国37ヶ所、国立公園・国定公園などに位置する自然にときめくリゾート休暇村(所在地:東京都台東区東上野、理事長:河本 利夫)は2018年10月に休暇村の会員制度「Q会員」が50万人を達成したことを記念し、「旅する絵本」の販売を開始します。「旅する絵本」は休暇村のある地域の魅力が描かれた絵本形式の台紙に、休暇村ごとに特徴のあるデザインのピンズを挿していき、完成させるものです。販売期間は2019年3月1日から2024年3月31日までで、各休暇村で購入できます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176067/LL_img_176067_1.jpg
「旅する絵本」ピンズ見本

絵本とピンズのデザインはディズニーや、ポケモンとのコラボレーションでも有名な雑貨デザイナーのカトウシンジ先生。思わず微笑んでしまう優しいイラストには子供や動物、植物や昆虫といった愛らしい世界が表現されています。

今回のプロジェクトにつきましてカトウ先生は、「旅はいろんな驚きやめぐり合いがあって、その感動が一番大事だと思っています。」「日本は7割が山だし、美しい自然はまだまだたくさんある。これらは未来に残していくべきもので、絶対になくしてほしくないものです。」「国立公園や国定公園などにある自然豊かな休暇村で、日本の原風景的な世界を体験してほしいと思います。」と旅と自然への熱い思いを語ってくれました。

「旅する絵本」は台紙にピンズを挿して集めていく以外にも、旅のお土産にしたり、帽子やカバンなどに付けてファッションアイテムに活用したり、様々な楽しみ方があります。北海道から鹿児島までの休暇村の魅力が表現されている絵本とピンズを眺めながら次はどこに行くか想像するのも楽しみ方の一つです。

■「旅する絵本」 https://www.qkamura.or.jp/campaign/tabi_book/

■「旅する絵本」販売期間
2019年3月1日〜2024年3月31日

■「旅する絵本」料金
絵本 1冊 500円(税抜)
ピンズ 1個 200円(税抜)

■「旅する絵本」の楽しみ方
(1) 休暇村で絵本を購入
(2) 各休暇村でのみ販売しているピンズを購入
(3) 絵本に挿していき完成させる
※景品や宿泊券の贈呈はありません。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る