• トップ
  • リリース
  • レアジョブEdTech Labを発足 NTTコミュニケーションズと英会話習熟度の可視化実験を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社レアジョブ

レアジョブEdTech Labを発足 NTTコミュニケーションズと英会話習熟度の可視化実験を実施

(@Press) 2019年01月23日(水)11時00分配信 @Press

英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、人×テクノロジーで教育の価値最大化を目指すR&Dプロジェクト「レアジョブEdTech Lab」を発足します。また、オンライン英会話レッスンデータの音声認識における技術活用を目的として、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と共同で英会話習熟度の可視化実験を実施します。

レアジョブでは、サービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」の実現に向け、オンライン英会話サービスを中心に英会話学習サービスを提供し、今まで累計3,500万回以上のレッスンデータが蓄積されています。2018年11月には独自のレッスン受講システム「レッスンルーム」を全会員へ提供開始し、個別に最適な英語習得法の提案を行うなど、より細かなデータを集めていくことが可能になりました。以前より、このような強みをいかして主に将来のサービス実装を目的とした実証実験を強化しておりましたが、実験や研究結果の情報発信、また外部の教育機関や研究組織との連携強化などに向け、この度「レアジョブEdTech Lab」の発足に至りました。

■ レアジョブEdTechLabについて
「レアジョブEdTech Lab」は、人×テクノロジーで教育の価値最大化を目指すR&Dプロジェクトです。より多く且つより確かなデータをもとに教育効果を実証する研究を行い、教育に関わるあらゆる領域における実用化を目指します。また、外部の教育機関や研究組織なども巻き込みながら、幅広く活動を展開していきます。

レアジョブEdTech Lab:https://www.rarejob.co.jp/lab/

今後はまず、日本人の英語習得における過程を理論とビッグデータに基づき、自然言語処理や人工知能(AI)などの技術を活用して分析することで、個々の受講者に合った効果的な英語習得方法の提案を実施してまいります。

■ NTTComとの英会話習熟度の可視化実験について
レアジョブEdTech Labでは、効果的な英語習得手段の解を見つけるため、まず第一歩として英会話習熟度の可視化に取り組んでいました。しかし、自社システムによって、受講者のオンライン英会話レッスンの音声データを大量に保持し、分析を繰り返していくには限界があるなど、実証実験を進めるうえでの課題がいくつかありました。そしてこの度、WebRTCプラットフォーム「SkyWay」の利用で連携のあった、NTT Comに技術協力をいただき、オンライン英会話レッスンにおける英会話習熟度の可視化実験を共同で実施することになりました。

オンライン英会話レッスンの音声データは、NTT Comが新たに開発された「Media Pipeline Factory」によって連携されたストレージサービスで蓄積され、レアジョブで開発した発話解析AIシステムによって分析します。これにより、レッスン中に使用した語彙数の分析から受講者の習熟度の見える化などを実現します。
今後、受講者のフィードバックを得ながらサービス品質を強化し、学習意欲向上のサポートを目指して検証を進めてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175583/img_175583_1.png

【株式会社レアジョブについて】
所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者:代表取締役社長 中村 岳
U R L :https://www.rarejob.co.jp/
事業内容: オンライン英会話サービス事業

グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会をめざし、マンツーマンオンライン英会話サービスの「レアジョブ英会話」を主たる事業として展開しています。2014年6月には東証マザーズに上場し、現在、70万人(*)以上の会員、2,000社以上の法人企業、230校以上の教育機関など多くの方にご利用いただいてまいりました。今後、今までの英語教育の課題を解決し、「英語教育3.0」という新たな波を作り上げていくことで、サービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」を実現してまいります。
* 会員数は、当社の英語サービスすべての会員数を記載

■「英語教育3.0」とは
読み書きが中心だった従来の「英語教育1.0」
課題は「話す」がほとんどないことでした。

その課題に対して私たちは、オンライン英会話を提供する事によって解決してきました。

結果、オンライン英会話は世の中に広まり、英語を大量に話す場は圧倒的に増えました。
これが「英語教育2.0」です。

しかし、英語教育における課題はまだ残っています。
私たちは、英語教育2.0における課題を解決し、日本人1,000万人を英語が話せるようにするために、新たな波となる「英語教育3.0」を作り上げていきます。

■提供サービス
・個人向けオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
https://www.rarejob.com/
・「レアジョブ英会話」法人向けサービス
https://www.rarejob.com/corporate/
・法人向け「レアジョブ英会話留学」
https://www.rarejob.com/corporate/study_abroad/
・「レアジョブ英会話」教育機関向けサービス
https://www.rarejob.com/school/
・2ヵ月短期集中英会話プログラム「レアジョブ本気塾」
https://honkijuku.rarejob.com/
・レアジョブ英語学習アプリ「RareJob Apps」
https://apps.rarejob.com/
・英語を手段にチャンスをつかむためのメディア「RareJob English Lab」
https://www.rarejob.com/englishlab/
・英語の価値を見つけるプロジェクト「WHY ENGLISH」
https://why.rarejob.co.jp/



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る