• トップ
  • リリース
  • マンダリン オリエンタル ホテル グループ 広告キャンペーン“I am a FAN”に、人気米俳優のスタンリー・トゥッチをキャスティング

プレスリリース

  • 記事画像1

マンダリン オリエンタル ホテル グループ

マンダリン オリエンタル ホテル グループ 広告キャンペーン“I am a FAN”に、人気米俳優のスタンリー・トゥッチをキャスティング

(@Press) 2019年01月17日(木)11時00分配信 @Press

世界21か国にて30軒のラグジュアリーホテルと6軒のレジデンスを運営するマンダリン オリエンタル ホテル グループは、実生活でも当グループのホテルを頻用し、「ファン」であると公言しているセレブリティを起用した“He's a Fan/She's a Fan”という広告キャンペーンを展開していますが、このたびキャンペーンの新しい顔として、米国出身の人気俳優、脚本家、プロデューサー、監督であるスタンリー・トゥッチ氏が加わることとなりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/174939/LL_img_174939_1.jpg
人気米俳優のスタンリー・トゥッチ氏

広告キャンペーンのキャッチフレーズは、当ホテルグループのシンボルである「扇(英語で「ファン」)」と愛好者の「ファン」を結びつけたもので、これまでにも俳優のモーガン・フリーマン、リーアム・ニーソン、ヘレン・ミレンの他、ファッション・デザイナーのクリスチャン・ルブタンや高田賢三など数多くの著名人が広告の「顔」として登場しています。登用した著名人に対しては、出演報酬の代わりに、彼らが指定した慈善団体へ寄付を行っています。

トゥッチ氏はエミー賞とゴールデングローブ賞を2回受賞している人気俳優で、批評家の称賛を集めた映画「ジャコメッティ 最後の肖像」では脚本と監督業も務めています。文化的な土地を巡る旅行好きとしても知られており、特にお気に入りの場所は幼少期に多くの時間を過ごした、イタリアのフィレンツェだそうです。また、自他ともに認める料理好きな彼は、これまでにいくつかの料理本も出版しています。今回の広告出演にあたり、トゥッチ氏は寄付先として、世界的な国連難民機関であるUNHCRを選びました。

トゥッチ氏は、当ホテルグループに対する印象を「贅沢で心地よい空間」と表現し、最近大掛かりな改修作業を終えたマンダリン オリエンタル ハイドパーク ロンドンを彼のお気に入りホテルとして選択しました。広告ビジュアルは、マンダリン オリエンタル ハイドパーク ロンドンにて、有名なポートレート写真家であるメアリー・マッカーシー氏によって撮影されました。

トゥッチ氏のインタビュービデオを含む、広告キャンペーンに関する詳細は、ウェブサイト https://www.mandarinoriental.com/celebrity-fans/stanley-tucci をご覧ください。


【マンダリン オリエンタル ホテル グループについて】
数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、世界で最もラグジュアリーなホテル、リゾート、レジデンスを展開しています。アジアをルーツにグローバルブランドへと成長を続け、現在21カ国・地域において、オリエンタルヘリテージと「センス・オブ・プレイス=立地する土地柄と文化に敬意を表するホテルづくり」を表現する30のホテルと6のレジデンスを運営しています。マンダリン オリエンタルは、今後もホテルやレジデンスの開発を計画しています。マンダリン オリエンタルは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下に属します。
URL: http://www.mandarinoriental.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る