• トップ
  • リリース
  • 2019年1月26日(土)〜4月14日(日)にあべのハルカス美術館で開催される展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」に協力

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ビクセン

2019年1月26日(土)〜4月14日(日)にあべのハルカス美術館で開催される展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」に協力

(@Press) 2019年01月23日(水)11時15分配信 @Press

株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、2019年1月26日(土)〜4月14日(日)に、あべのハルカス美術館で開催される、展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」に協力、観賞用の単眼鏡を貸出しいたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/174907/img_174907_1.jpg
近年、注目度が高まっている、驚異的な超絶技巧で生み出された明治工芸。七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画などの幅広いジャンルから厳選された工芸品を楽しめるのが、この展覧会です。明治の工人の“技”を受け継ぎながら、新たな世界観を築いている15人の現代作家による現代アートも多数展示されます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/174907/img_174907_2.jpg
左から、【七宝】並河靖之 《紫陽花図花瓶》 清水三年坂美術館蔵、【牙彫】安藤緑山《パイナップル、バナナ》清水三年坂美術館蔵

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/174907/img_174907_3.jpg
左から、【陶磁】稲崎栄利子《Arcadia》2016年、【木彫】前原冬樹 《一刻:皿に秋刀魚》 2014年

この展覧会で、ビクセンの単眼鏡『マルチモノキュラー4×12』を台数限定で貸出しします。レンズを通すことで、肉眼ではわからなかった造形美の細部まで、より深く、ご覧いただけます。人間の手が生み出す奇跡のような技術の数々を、心行くまでご堪能ください。


展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
<開催日>2019年1月26日(土)〜4月14日(日)
<開催場所>あべのハルカス美術館
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
<観覧料>一般1300円(1100円)/大学・高校生900円(700円)/中学・小学生500円(300円)
※( )内は前売り・団体料金
<詳細はこちら>https://www.aham.jp/exhibition/future/tyouzetugikou/


<Vixen WEBサイト>
株式会社ビクセンが企画・協力・協賛しているイベントは、以下のページでお知らせします。
株式会社ビクセン https://www.vixen.co.jp/

facebookページ https://www.facebook.com/tonakaifanpage

また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種のご依頼を随時承っております。
http://www.vixen.co.jp/stp_event/index.html


<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る