• トップ
  • リリース
  • 2019年春 新型車両の豪華バス 2台導入!!“クリスタルクルーザー「菫」(すみれ)” デビュー「日本一周の旅(東日本編・西日本編)12日間」1月4日発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社阪急交通社

2019年春 新型車両の豪華バス 2台導入!!“クリスタルクルーザー「菫」(すみれ)” デビュー「日本一周の旅(東日本編・西日本編)12日間」1月4日発売

(@Press) 2018年12月18日(火)13時15分配信 @Press

阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 松田誠司)は、2019年4月、新型車両となる豪華バス“クリスタルクルーザー「菫」(すみれ)” 2台を製造し、当社の旅行ブランドの一つである“クルスタルハート”の国内バス旅行に導入します。専用商品である「日本一周の旅(東日本編・西日本編)12日間」2コースを、2019年1月4日(金)に発売します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_1.jpg
ゆとりとまごころを大切にする“クリスタルハート”では、付加価値を追求する顧客のゆとりある旅への志向の高まりやニーズの多様化に応えるため、座席数を限定し、ゆとり・快適性を重視した当社専用の豪華バス“クリスタルクルーザー「菫」(すみれ)”を製造保有し、単なる移動手段だけではなく、“乗ること”を楽しむ専用商品を企画し、航空機や船、列車では訪れにくい、日本の魅力のふところ深く巡る旅を実現します。
「菫」のコンセプトは『上質なくつろぎ空間』とし、乗車中の心地よさを確保するために定員18席としました。座席は上質な布生地を多く使用し、リクライニング角度は最大129度まで調節可能としました。また、車内からの眺望を楽しむために頭上の荷棚をなくし、ハンドバックなどの手荷物を入れる収納をオリジナルでデザイン製作して、座席の前に設置しました。
「菫」は、「TRAIN SUITE 四季島」などを手掛けたKEN OKUYAMA DESIGN(東京都渋谷区 代表 奥山清行)がデザインを担当し命名しました。車両の製造は日野自動車(東京都日野市)に発注、運行管理はケイエム観光バス(東京都大田区)が行います。
今回発売の「日本一周の旅12日間」では、四季折々にさまざまな美しい顔をみせる日本の豊かな自然を巡る、東京発「東日本編」と大阪発「西日本編」の2コースで展開し、今後は「菫」を利用した旅行期間の短い宿泊ツアーや日帰りツアーの発売も予定しています。


*専用HP〔12月27日(木)開通〕
https://www.hankyu-travel.com/kokunai/crystal_smile/?9582
または、
阪急交通社 すみれ 検索


*「菫」(SMILE すみれ)ネーミング
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_5.jpg
「菫」とは、愛らしい紫の花を咲かせ、古来より山野に自生する多年草。平安時代に貴族が詠う歌に度々登場し、美しい日本と雅な日常に彩を添えてきました。“クリスタルクルーザー「菫」”も、みなさまの旅に寄り添う彩でありたい。そんな想いからこの名が付けられました。凛として佇むスミレの花のように、間もなく、私たちの「菫」が咲き誇り、みなさまを笑顔(SMILE)あふれる旅に誘います。


*車体仕様
・車体カラーはバーガンディメタリック、ルーフはパールホワイトを使用し、側面にシャンパンゴールド色でロゴをレイアウト
・座席は、横3席×6列の18席で、ゆとりをもたせた配置
・頭上の荷棚をなくし、車窓から大きな眺望を確保
・座席前方には、手荷物収納と足置きを設置し、USB電源端子と100V用コンセントを装備
・座席間隔は1220mm、座席幅(内寸)510mm
・座り心地の良いリクライニングシートは、最大129度まで調節可能で、レッグレスト付
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_7.jpg
・広々とした清潔感のある化粧台付きトイレ付
・飲料サービスのためのキャビネット付
・Wi-Fi完備
・運転手の疾病など緊急の場合、自動で停車させるEDSS(ドライバー異常時対応システム)搭載


*くつろぎスペック
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_2.jpg

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_6.jpg
*奥山清行 Ken Kiyoyuki Okuyamaプロフィール
デザインプロデュースおよび車両デザイン/工業デザイナー/
KEN OKUYAMA DESIGN代表

ゼネラルモーターズ社(米)チーフデザイナー、ポルシェ社(独)シニアデザイナー、ピニンファリーナ社(伊)デザインディレクター、アートセンターカレッジオブデザイン(米)工業デザイン学部長を歴任。フェラーリ エンツォ、マセラティ クアトロポルテなどの自動車やドゥカティなどのオートバイ、鉄道(「TRAIN SUITE 四季島」など)、船舶、建築、ロボット、テーマパークなど数多くのデザインを担当。


*「日本一周の旅12日間」の7つのお約束
[1]しつらえ :心からリラックスするために、上質な“旅するための空間”を演出します。
[2]おもてなし:経験豊富な添乗員が、旅行中のお世話や御用まで細やかに対応します。
[3]おくつろぎ:厳選した宿や料理など「菫」の旅だからこその“憩いの時間”をご用意します。
[4]ものがたり:「菫」旅でつむがれる物語が、思い出として残るようにストーリーを大切にします。
[5]めぐりあい:旅の醍醐味“一期一会”の出会い。お客様の親睦につながる機会を盛り込みます。
[6]ふれあい :訪れた地の風土や歴史に触れ、想像を超える発見や驚きを体験いただきます。
[7]おまもり :「菫」の安全機能は最先端。全方位から安全性を追求し、安心の旅を提供します。
※「菫」ならではのおもてなしサービスは、後日詳細を発表します。


*「日本一周の旅12日間」概要
初日の出発時刻は遅めの昼前に、最終日の帰着時刻は早めの夕刻にして、全国各地から参加を可能に
しました。各地の主要な空港と駅からの国内移動の手配(希望者)を追加代金にて賜ります。

■東日本編
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_3.jpg
季節の色合いが鮮明な東日本。母なる海と豊饒な大地には、季節ごとに異なる稀有な景色が広がります。
出発日: 2019年4月16日(火)、5月8日(水)、6月3日(月)、7月1日(月)、 8月20日(火)、9月3日(火)、10月9日(水)、10月21日(月)
旅行代金:980,000円(1名1室の場合は、20万円追加)
出発地:羽田空港(11時発)、東京駅(12時発)
帰着地:羽田空港(15時着)、東京駅(15時40分着)

■西日本編
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/173685/img_173685_4.jpg
国の成り立ち物語が多い西日本。深い知性を育んだ歴史のある場所を巡り、習わしや食文化を味わいます。
出発日:2019年4月7日(日)、5月12日(日)、6月2日(日)、7月7日(日)、8月18日(日)、9月1日(日)、10月27日(日)、11月10日(日)
旅行代金:980,000円(1名1室の場合は、20万円追加)
出発地:伊丹空港(11時発)、新大阪駅(11時40分発)
帰着地:新大阪駅(14時着)、伊丹空港(14時40分着)

■共通条件
・最少催行人員を6名様に設定しました。
・添乗員とバスガイド、各1名が同行します。


*「菫」ツアーに関する専用ダイヤル
東京:0120-08-9512 03-6745-1333/大阪:0120-08-9588 06-6366-2520
受付時間 月〜金 9:30〜17:30、土・日・祝 9:30〜13:30
※年末年始休み 12/28(金)17時〜1/4(金)9時30分


阪急交通社 https://www.hankyu-travel.com/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6486_fa6688ff7bf5bcfb2bda2ca0e463c1418ec5e305.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る