• トップ
  • リリース
  • 文部科学省 平成28年度私立大学研究ブランディング事業「Math Everywhere:数理科学する明治大学-モデリングによる現象の解明-」第3回公開シンポジウム 対話が誘う文理融合の世界「自動運転社会 ―AI社会―」

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

文部科学省 平成28年度私立大学研究ブランディング事業「Math Everywhere:数理科学する明治大学-モデリングによる現象の解明-」第3回公開シンポジウム 対話が誘う文理融合の世界「自動運転社会 ―AI社会―」

(@Press) 2018年12月12日(水)11時00分配信 @Press

明治大学は、文部科学省平成28年度私立大学研究ブランディング事業に採択された「Math Everywhere:数理科学する明治大学-モデリングによる現象の解明-」の第3回公開シンポジウム 対話が誘う文理融合の世界「自動運転社会 ―AI社会―」を、12月14日(金)に、本学・駿河台キャンパスで開催いたします。

自動運転社会に対する期待は日に日に大きくなっています。一方では、事故を起こした際には誰が責任を負うのか、保険制度はどのように変わるのかなど、社会的難問が未解決であることも明らかになりました。

明治大学はこのような観点からいち早く模擬裁判を行い、大きな注目を集めました。自動運転社会の法制度や社会システムのあるべき姿のみならず、必要とされる産業技術なども、模擬裁判を通じて深く理解することができるのです。本シンポジウムでは、文理融合の代表格である自動運転社会(AI社会)を取り上げ、来場者とともにその新鮮な世界を探訪します。

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/173255/table_173255_1.jpg



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る