• トップ
  • リリース
  • 三重県尾鷲(おわせ)産ぶりや、ふぐ・あん肝など旬の美味しい冬の海の幸を堪能できる“極上の冬メニュー”22品

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

三重県尾鷲(おわせ)産ぶりや、ふぐ・あん肝など旬の美味しい冬の海の幸を堪能できる“極上の冬メニュー”22品

(@Press) 2018年12月04日(火)10時00分配信 @Press

コロワイドグループである株式会社アトム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:石川恵輔)は「にぎりの徳兵衛」各店舗にて2018年12月4日(火)から“極上の冬メニュー”の提供を開始致します。
“極上の冬メニュー”では、ぶりの名産地で知られる三重県尾鷲産のぶり、その他ふぐ・あん肝など、四季折々の食材と鮮度、産地にこだわる徳兵衛ならではのラインナップで提供いたします。特に徳兵衛の多くの店舗のある東海地区で尾鷲市を含む熊野灘のぶりの美味しさはよく知られており、脂がたっぷりのった濃厚な味わいが自慢の逸品です。
そんな極上の尾鷲ぶりをより味わって頂きたく、徳兵衛自慢の創作寿司の一つとして、「尾鷲ぶりみかん」という商品も開発いたしました。女性に好評だった、春メニューで実施した「真鯛いちごのせ」に次ぐフルーツ寿司第二弾です。尾鷲ぶりにみかんと特製フルーツソースを掛けた、脂ののったぶりとみかんの酸味がベストマッチな逸品となりました。
今後も旬な素材を提供することでお客様にご利用いただく機会の増加を目指してまいります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172620/img_172620_1.jpg
<「にぎりの徳兵衛」極上の冬メニュー概要>
■実施日 :2018年12月4日(火)〜2019年2月下旬(予定)
■対象店舗:「にぎりの徳兵衛」各店舗 ※稲沢店では実施致しません。

<「尾鷲ぶり」概要>
尾鷲市を含む熊野灘に面する三重県南部の多くの漁村では、地元住民らの出資で経営するブリ定置網が操業されています。
ぶりは、尾鷲市を代表する魚のひとつとして「市の魚」に指定されております。
特に「にぎりの徳兵衛」で使用するぶりは、水揚げしてすぐに‘船上活〆’されており、その鮮度を保ったまま産地直送で店舗に届くので、身が引き締まり歯ごたえ抜群です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/172620/img_172620_2.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/172620/img_172620_3.jpg

<にぎりの徳兵衛とは>
にぎりの徳兵衛は2002年に創業し、東海三県を中心に現在50店舗展開(2018年7月末現在)している『活気』『旬』『伝統』を楽しむ廻転寿司です。ハキハキした元気、ニコニコした笑顔でピチピチした鮮度と産地にこだわった食材を使用し脈々と伝えられた技術で作りだすお寿司をご提供しております。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/172620/img_172620_4.jpg
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/172620/img_172620_5.jpg



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る