• トップ
  • リリース
  • NBA、人工知能(AI)技術を活用したモバイル向けカスタムコンテンツの提供でByteDanceとのグローバルパートナーシップの提携を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

NBA、人工知能(AI)技術を活用したモバイル向けカスタムコンテンツの提供でByteDanceとのグローバルパートナーシップの提携を発表

(@Press) 2018年11月30日(金)12時45分配信 @Press

2018年11月27日(中国、北京現地時間)― NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、世界中で多様なコンテンツプラットフォームを運営する有力テクノロジー企業であるByteDanceと新たな複数年のパートナーシップ契約を締結し、数億人に上るByteDanceの全世界のユーザー向けに、カスタマイズされたモバイル向けショートビデオコンテンツを提供することを発表しました。

今回のパートナーシップにより、ByteDanceは、インテリジェントにコンテンツを発見できる同社の人工知能(AI)技術を活用し、Douyin、Toutiaoおよび Xigua Videoなどの プラットフォームにてNBAのコンテンツを中国のファンに提供します。今後はレギュラーシーズンだけでなくNBAオールスターやプレイオフ、ファイナルまで、NBAの全試合のデイリーハイライトや舞台裏の映像、写真やニュースをはじめとするNBAの幅広いコンテンツが中国で視聴できるようになります。

また、NBAのコンテンツはショートフォームのモバイル向けビデオの世界的リーダーであるTikTokを通じて、全世界にも提供されるようになります。米国のほか、ブラジル、インド、インドネシア、日本、韓国のTikTokユーザーは、試合の興奮や醍醐味を捉えた独自のハイライトを含め、厳選されたNBAのコンテンツにアクセスできるほか、自国と関連するコンテンツや自国の言語でNBAコンテンツを視聴できるようになります。

NBAのグローバルコンテンツおよびメディアディストリビューション担当プレジデントのビル・コーニッグ(Bill Koenig)は以下のように述べています。「NBAは、ByteDanceという世界で最も革新的な企業のひとつであり、カスタマイズ型のショートビデオコンテンツ業界のリーダーとの提携に大きな期待を寄せています。今回の新たなパートナーシップにより、ByteDanceの多数のプラットフォームを通じてリーグのコンテンツをインテリジェントに統合し、数億人に上るByteDanceユーザーのNBAコンテンツへのニーズに応えることができるようになります。」

ByteDanceのコーポレート開発担当シニアバイスプレジデントのLiu Zhen氏は以下のように述べています。「NBAのコンテンツは当社のユーザーに非常に人気があり、多くのファンからの視聴ニーズがあります。ByteDanceは強力なグローバルプラットフォームとしての基盤があり、コンテンツ制作や双方向コミュニケーションを通じて世界中の創造力や知識、日常生活の中の貴重な一瞬を捉えたコンテンツの提供や消費を可能にします。その点で、ByteDanceは NBAにとって大いに価値のあるパートナーだと言えます。
AI技術を搭載してインテリジェントにコンテンツを発見することのできる当社のTikTok、Douyin、Toutiao、 Xigua Videoといったプラットフォームは、モバイルプラットフォームでスマートに効率的な方法でスポーツコンテンツを活用し、双方向のやり取りができる方法を求めるユーザーにとって非常に理想的な形で応えることができます。」

中国では、NBAのコンテンツはByteDance のプラットフォーム上で、NBA およびNBA全30チームの公式アカウントを通じて提供され、Douyin、Toutiao、 Xigua Videoの各プラットフォームはNBAチャイナのオフィシャル・インテリジェント・ディストリビューション・コンテンツ・プラットフォームとなります。世界中のファンはDouyinや TikTok上のビデオを通じ、NBAのキーワードを使ってお互いに情熱や創造力を共有することもできます。

さらにNBAは、AIの分野における最新技術やイノベーションを追求していくことを含めた「テクノロジー機能」の開発においてByteDanceのAIラボと協力し、ファンに一層楽しんでいただける試合作りを行っていきます。また、NBAをテーマにしたオンラインキャンペーンでもByteDanceと共に、ファンの参加を促したり、さまざまなチャレンジやカスタムステッカーでのインタラクティブな活動を推進していく予定です。

ByteDanceについて
2012年に設立したBytedanceは、言語や文化、地域をまたいで情報や教育、エンターテインメント、インスピレーションを提供するさまざまなコンテンツプラットフォームを運営するテクノロジー企業です。Bytedanceはコンテンツ制作やユーザー同士の双方向のやりとりを促すグローバルプラットフォームの構築に力を入れており、Toutiao、TikTok、Douyin、News Republic、Vigo Video、Huoshan、Xigua Video、TopBuzz、BuzzVideo、FaceU BytedanceをはじめとするBytedanceのアプリケーションは現在、世界150市場、75カ国語で利用されています。2016年には自社が保有する広範で複雑なデータセットを基盤にAIラボを開設し、人工知能分野における最先端のイノベーションを開発しています。詳細についてはwww.bytedance.com をご覧ください。

NBA(National Basketball Association)について
NBAは、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、ウィメンズ・ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(WNBA)、NBA Gリーグ(NBA G League)の3つのプロスポーツリーグから構成されるグローバルなスポーツとメディアのビジネス団体です。リーグは世界215の国と地域、49言語で試合や関連番組を放送、NBA関連商品は6大陸100の国と地域にある125,000以上の店舗で展開されています。2016-17シーズン開幕時のロスターには41の国と地域から113名のインターナショナルプレイヤーが名を連ねています。デジタル領域では、NBA TV、NBA.com、NBA App、NBA LEAGUE PASSを展開しています。
また、NBAは世界有数のソーシャルメディアのコミュニティを形成しており、リーグ・チーム・選手の「いいね!(like)」とフォロワー数は、世界中で13億以上を数えます。NBA Caresを通してリーグは、国際的に認められた協力団体と共に、教育や青少年、家庭環境の発達、そして健康医療問題など、重要な社会問題の解決に向けた活動を行っております。

[NBA公式 日本向けサービス]
LINE NBAオフィシャルアカウント:@nba_japanを友達登録
Facebook:www.facebook.com/nbajapan / Twitter:@nbajpn
NBA日本語公式サイト:www.nba.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る