• トップ
  • リリース
  • 「社宅コンベンション2018」を開催 提携不動産仲介会社約150社参加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

東急住宅リース株式会社東急社宅マネジメント株式会社

「社宅コンベンション2018」を開催 提携不動産仲介会社約150社参加

(@Press) 2018年11月29日(木)11時30分配信 @Press

東急住宅リース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北川 登士彦、以下 東急住宅リース)のグループ会社で、約90,000件の社宅管理代行を行っている東急社宅マネジメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:土田 昌孝、以下 東急社宅マネジメント)は、提携している全国の不動産仲介会社約150社を招待し、「社宅コンベンション2018」(以下 本コンベンション)を11月12日,14日,19日に3回開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172167/LL_img_172167_1.jpg
11月14日開催 第一部 全体の様子 1

本コンベンションは、東急社宅マネジメントが社宅代行を行っている法人社員が住居を探す際に、物件紹介等、仲介業を行っている全国の提携不動産仲介会社をお招きし、毎年開催しております。

法人社員のご希望に沿った住まいの情報提供や、煩雑な入居手続きをスムーズに対応することを目的に、第一部の「情報交換会」では、東急社宅マネジメントより、法人ニーズの動向やマーケット情報の共有、東急住宅リースの管理物件やIT戦略の紹介、昨年不動産仲介会社よりいただいた要望への解決策、業務改善の報告等を行いました。第二部の「懇親会」では、賃貸市場が活発になる2019年1月以降に向け、東急社宅マネジメントの社員と不動産仲介会社との交流を図りました。

本コンベンションは今年度で4年連続、第4回目を迎えました。昨年度も本年度と同じく約150社の不動産仲介会社が参加しておりますが、本年度より不動産仲介会社との密なコミュニケーションを図るため、開催回数を全1回からエリア別の全3回に変更しました。また、不動産仲介会社を地域毎に分けることで、会社間の情報交換も行えるよう変更しました。

本年度も多くの皆様より直接ご意見を伺うことができ、今後のサービス向上に役立てることのできる有意義なコンベンションとなりました。今後も不動産仲介会社との連携を密に行い、お客様へのサービスの向上に努めてまいります。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る