• トップ
  • リリース
  • ジボダン社、インドネシアに新たにコマーシャル・ディベロップメント・センターを開設

プレスリリース

  • 記事画像1

ジボダン ジャパン株式会社

ジボダン社、インドネシアに新たにコマーシャル・ディベロップメント・センターを開設

(@Press) 2018年11月27日(火)10時00分配信 @Press

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:ピーター・ツィンク)は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニー、ジボダン社(スイス)が、ジャカルタに新たにコマーシャル・ディベロップメント・センターを正式に開設したと発表しました。最高水準の独創的なフレーバーや味、そしてフレグランスのソリューションを提供することを目的に、290万スイスフランを投じたこのセンターは、ジボダン社のアジア太平洋地域へのたゆまぬ取り組みを示すものです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/171781/LL_img_171781_1.jpg
ジボダン ジャパン株式会社 代表取締役社長 ピーター・ツィンク

2,600平方メートルの広さを持つコマーシャル・ディベロップメント・センターの新設により、ジボダン社は、スイーツ、セイボリー、スナック、飲料、ファインフレグランス、パーソナルケア、ホームケア、ファブリックケアなどの幅広い食品・飲料分野およびコンシューマー製品分野のお客様に、製品やサービスを提供することができるようになります。ジボダン社が、一拠点にフレーバーやフレグランスの製造と調香・応用開発を集約しフルラインで展開するのは、インドネシアでは初めてとなります。

ジボダン社CEOのジル・アンドリエは、次のように述べています。「ジャカルタにおける最新鋭のセンターの新設は、高成長市場に投資をするという、当社の2020年に向けての5か年計画に沿ったものです。これにより、お客様とのより緊密なパートナーシップを構築するとともに、フレーバーや風味、フレグランスのコンセプト開発における連携を強化し、インドネシア市場のニーズへより迅速に対応できるようになります。」

ジボダン社のインドネシア担当カントリーマネージャーのフェルナンド・バルモリ(Fernando Balmori)が主催するオープニングセレモニーには、CEOのジル・アンドリエのほか、クルト・クンツ(Kurt Kuntz)スイス大使や、スイス商工会議所のルトフィ・マルディアンシャ(Luthfi Mardiansyah)会頭をはじめとする要人が出席しました。

ジボダン社は1993年にインドネシアに進出して以来、同国において人材や施設に多大なる投資を行ってきました。ジャカルタの新しいセンターのほかに、西ジャワ州のチマンギスにも、液体香料、スプレードライ香料、粉末シーズニング、フレグランス用の液体香料の製造施設があります。インドネシアのジボダン社では、全体で約300人の従業員を雇用しています。

オープニングセレモニーにおいて、ジボダン社は、これまで取り組んできた地域社会との緊密な関係構築の一環として、スラウェシ島地震による津波被害救援活動への資金援助を約束しました。


■ジボダン社について
ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses(あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2017年の売上高は51億スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、100を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で11,100名を超えます。ジボダン ジャパン株式会社は1973年の設立以来、数十年にわたり日本で事業を展開しています。
ジボダン社の詳細は、 https://jp.givaudan.com をご覧ください。


■ジボダン ジャパン フレーバー事業部について
1970年創業のジボダン ジャパンは、東京都心に立地する業界最高水準の技術センター兼オフィスを拠点に事業を展開しています。総床面積4,000平方メートルのこの拠点には、研究部門、営業・マーケティングおよびサプライチェーン機能が集約し、調香研究、応用研究、フレーバーサイエンス、官能評価など、ジボダン社のあらゆる技術サービスを提供しています。ジボダン ジャパン フレーバー事業部の詳細は、 https://jp.givaudan.com/flavours をご覧ください。


■ジボダン ジャパン フレグランス事業部について
ジボダン社の日本におけるフレグランス事業は、東京の上野毛に最初のオフィスを開設した1970年に遡ります。以来今日に至るまで、ジボダン ジャパンはその事業規模を拡大し、着実に成長してきました。特に2007年にクエスト・インターナショナル社と合併して以降、フレグランス事業はしっかりとした成長を遂げています。ジボダン ジャパン フレグランス事業部の詳細は、 https://jp.givaudan.com/givaudan-japan/fragrances をご覧ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る