• トップ
  • リリース
  • ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港 短期間でも香港の魅力を満喫できる、週末限定の宿泊プランを販売

プレスリリース

  • 記事画像1

マンダリン オリエンタル ホテル グループ

ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港 短期間でも香港の魅力を満喫できる、週末限定の宿泊プランを販売

(@Press) 2018年11月28日(水)16時00分配信 @Press

香港島の中心、重要な商業施設や高級ブランドショップが立ち並ぶセントラル地区に建つザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルでは本年12月30日まで、短い滞在期間でも香港の魅力を十分にお楽しみ頂ける、週末限定の宿泊プラン「ランドマーク ステイケーション」をご案内しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170874/LL_img_170874_1.jpg
ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港

当プランでは豪華な客室での宿泊のみならず、2,500平方メートルの広さと数々の受賞歴を誇る「ザ・オリエンタル・スパ」や、ミシュラン2つ星レストラン「アンバー」、スタイリッシュなカクテルをお楽しみいただける「MOバー」、ニューヨークのアイコニックなカクテルバー「PDT」とコラボレーションして誕生した「PDT香港」など、当ホテル自慢の充実の施設を、存分にご利用いただけます。

さらに当館は、世界的に有名なファッション・ブランドが軒を連ねる、香港で最も洗練されたショッピング・モール「ザ・ランドマーク」と同じビル内にあるため、香港でのブランド・ショッピングも簡単にお楽しみいただけます。ガゴシアン・ギャラリーなどのギャラリーが入っているペダー・ビルディングもすぐ隣にあるほか、警察署や裁判所、刑務所などの歴史的建物をリノベーションして、アートやカルチャーの最新トレンドの発信地となっている香港の新名所「大館(タイクン)」も徒歩圏内にございます。


■「ランドマーク ステイケーション」の宿泊プランの詳細は以下のとおりです。
期間:2018年11月30日から12月30日まで
料金:1泊1室(2名様) 4,500香港ドル(約65,000円)〜

●著名インテリア・デザイナー、ジョイス・ワンのデザインによるゲストルームもしくはスイートでのご滞在(24時間)
●ご希望のお時間でのチェックインご手配
●館内「MOバー」でのビュッフェ・スタイルの朝食(2名様分)
●館内のレストランまたはスパにてご利用いただける1滞在につき1,000香港ドル(約14,500円)相当のバウチャー(L900ランドマークスイートのご予約のお客様は2,000香港ドル(約29,000円)相当のバウチャー)
●館内スパの温浴施設、ジム、プールのご利用
●館内スパご利用時に、サンクチュアリ スイートへの無料アップグレード (空き状況により)
●客室のミニバー内のソフトドリンク

>本プランは、金曜日から月曜日が対象となり、空室状況によりご利用いただけない場合がございます。延泊は、ご一泊4,500香港ドル(約65,000円)から承っております。
>バウチャーはご滞在中のみご利用可能となり、その他のキャンペーンとの併用やご宿泊料金にはご利用はいただけません。
>バウチャーは、PDT香港でのドリンクやお食事、バスティアン・ゴンザレスのトリートメント、ザ・オリエンタル・スパのリテール商品には、ご利用いただけません。

ご予約方法とプランの詳細につきましては、 https://www.mandarinoriental.co.jp/hong-kong/the-landmark/luxury-hotel をご覧ください。


【マンダリン オリエンタル ホテル グループについて】
世界で数々の権威ある賞に輝くマンダリン オリエンタル ホテル グループは、「マンダリン オリエンタル 香港」「マンダリン オリエンタル バンコク(旧ザ・オリエンタル バンコク)」のほか、ニューヨーク、ロンドンなど世界の主要都市やリゾート地でラグジュアリーホテルを展開しています。アジアを代表するホテルブランドとして、現在世界21カ国で31軒のホテルを運営しています。さらに本グループは新規ホテルやレジデンスの不動産開発業者を進めております。
URL: http://www.mandarinoriental.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る