• トップ
  • リリース
  • Salin、韓国のコンテンツ専門企業との提携でVRコンテンツの新しい市場開拓

プレスリリース

Salin、韓国のコンテンツ専門企業との提携でVRコンテンツの新しい市場開拓

(@Press) 2018年11月15日(木)10時30分配信 @Press

韓国で初めて仮想空間で友達とテレビを見ながら話し合える機能である「EpicLive」を開発・提供するSocial TVプラットフォーム専門企業、Salin( http://www.salin.co.kr )は、今年9月に韓国の代表的なインターネット個人放送プラットフォームを運営するアフリカTVの子会社であるFreecN( http://freecn.tv )とVRコンテンツの共同企画・制作に向けた業務協約を締結しました。

この協約を通じて両社はVR映像に相応しい旅行、スポーツ、ゲームなど、多様な分野のコンテンツを共同企画し、それをFreecNのBJたちを通じて、SalinのSocial TVプラットフォーム「EpicLive」の「FreecN専用館」で披露する予定です。「EpicLive」の中でBJは実際の姿ではなくアバターの姿で放送でき、視聴者もただ見るだけでなく、放送に参加したり、友達を招待して話し合いながらコンテンツを楽しむことができます。
Salinは現在、様々な韓国のコンテンツ専門企業と手を組んで、VRコンテンツの新しい市場を開拓しております。

FreecNは教育・示唆・ビューティー・ファッション・健康・キッズ・趣味など、多様な分野のBJを発掘し、コンテンツ制作やオンライン・オフラインの新規事業を開発するコンテンツ・クリエイティング・グループであり、両社はコンテンツ制作だけでなく、VRコンテンツの専門BJの発掘および育成、VR映像コンテンツの共同マーケティングなどの業務でも相互協力いたします。

また、最近SalinはVRウェブ漫画・漫画コンテンツを韓国語、英語、日本語で制作・流通するComixV( http://comixv.com/jp )とソーシャルVRウェブ漫画技術の共同開発やVRウェブ漫画の日本市場への進出および流通に向けた業務協約(MOU)を締結しました。ComixVはサービス開始1年で70以上のコンテンツを確保し、毎週1つ以上のアップデートを続けるなど、世界最多のVRウェブ漫画・漫画コンテンツをサービスしており、Salinは日本の「ソフトバンク・イノベーション・プログラム」に選定され、日本を含むグローバルVRコンテンツの販路を確保しています。

両社は「ソーシャルVRウェブ漫画」の開発を通じて「一人で見る漫画」ではなく、「一緒に見る漫画」の新しい楽しさを開発し、VR産業とウェブ漫画産業の両方にとって有意味な結果を出せると期待しています。特に、VRウェブ漫画は映像のようなほかのVRコンテンツに比べ、非常に低コストで、また短期間で安定したコンテンツの供給ができ、VRプラットフォームにおけるコンテンツ不足問題を解決するのに大きく役立つとみられます。

Salinのキム・ジェヒョン代表は、「EpicLiveはFreecNとComixVとの協力で、コンテンツを友達とともに見るソーシャル機能だけでなく、BJとファンたちが一緒に楽しみながら新しいコンテンツを作り、動画の他に新しい形のウェブ漫画コンテンツまで楽しめるようにアップグレードするだろう。今後も、持続的に韓国を越えて日本やアジアのコンテンツメーカーとも協力を広げながら、VRのコンテンツ市場をリードしていく予定だ」と明かしました。


■Salinについて
Salin Co.,Ltd.は、新しいメディアプラットフォーム、EpicLiveを提供する、メディアソリューション企業です。EpicLiveはVRソーシャルTVプラットフォームで、バーチャルスペースに友人を招待して、2D、180/360°ライブ/VODを視聴しながら、お互いにチャットすることが可能です。EpicLiveは、動画取り込み、トランスコード、ストリーミング、バーチャルスペースとアバター管理、VRアプリを提供するE2Eソリューションです。コンテンツを制作配給する会社は、EpicLiveプラットフォームを通じてVR TVサービスを提供できます。


■本件に関するお問い合わせ先
Salin Co.,Ltd.
担当者 : jason kim / CEO
TEL : 82-10-9596-8139
Mail : jasonkim@salin.co.kr
Homepage: http://www.salin.co.kr/salin/local/w/en/w4.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る