• トップ
  • リリース
  • 企業の力が問われる“ダイバーシティ&インクルージョン” ビジネス視点で考え、日本企業のD&I推進を応援するメディアサイト『PINGUINC.』をスタート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ゼネラルパートナーズ

企業の力が問われる“ダイバーシティ&インクルージョン” ビジネス視点で考え、日本企業のD&I推進を応援するメディアサイト『PINGUINC.』をスタート

(@Press) 2018年11月02日(金)09時30分配信 @Press

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤 均、以下 ゼネラルパートナーズ)は、「ダイバーシティ&インクルージョン(以下 D&I)をビジネス視点で考える」ことをコンセプトとしたメディアサイト『PINGUINC.』( https://www.pinguinc.jp/ )を2018年11月1日に立ち上げました。日本企業のD&Iを応援し、実際の推進事例をはじめとする様々な情報を発信してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169967/LL_img_169967_1.jpg
PINGUINC.ロゴ
https://www.pinguinc.jp/


■ダイバーシティへの取り組みが組織を強くする
日本では諸外国に比べD&Iが進んでいる企業は少なく、女性、障害者、セクシャルマイノリティ、外国人にとって働きやすい職場は限られています。一方で、労働人口の減少に伴い、従来の労働環境や採用活動では労働力を確保することが難しくなってきているのが現状です。労働力を確保するにあたり、D&Iにいかにして取り組むか、企業の力が問われています。

またD&Iへの取り組みは労働力の確保だけではなく、ビジネス上の重要アジェンダとなっています。多様な人が企業に存在することはイノベーションの源泉であり、労働環境の改善にもつながります。国連のSDGsやESG投資のトレンドなど資金調達の面でも今後注目されていくことが予想され、企業や社会が持続的に成長していくためにも、今すぐに取り組むべき課題となっています。

そこでゼネラルパートナーズでは日本企業のD&I推進を応援するメディアサイト『PINGUINC.』を立ち上げました。ビジネス視点に立ってD&Iの在り方を考えるヒントを、ぜひ『PINGUINC.』に探しに来てください。


■コンテンツのご紹介
<コンテンツその1.国内企業の事例紹介>
日本国内でD&Iを重視した組織づくりに取り組む企業を取材し、取り組む理由や組織に起こった変化などをご紹介します。

◎掲載記事例
「ダイバーシティは当たり前!働き方改革を進めるフローレンス、鍵はフラットな関係と変化を楽しむ心」(認定NPO法人フローレンス)
訪問型病児保育に取り組み、設立から組織の規模も事業も急成長を続けているフローレンス。「働き方改革」が話題になる前から「働き方革命事業部」を立ち上げ、職場の働き方の改善・多様化にも取り組んでいます。女性のみでなく、男性職員の育休取得や時短勤務も進んでいます。なぜ、働き方改革に取り組み、働き方と人材の多様性を高めているのでしょうか? また、働き方改革と組織の成長をどのように両立しているのでしょうか?

「組織という生き物はない。ユニリーバ島田 由香さんが語る「ダイバーシティ」と「自分らしさ」の可能性」(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社)
ダイバーシティに積極的に取り組む企業としても知られているユニリーバ。2016年には働く場所と時間を社員が自由に選べる制度「WAA」が話題になりました。そんな「WAA」の仕掛人で取締役 人事総務本部長の島田 由香さんは、ひとりひとりが「幸せ」であることが大切だと語ります。そのためには、ありのままに自分らしくあることが欠かせないそう。「ダイバーシティ」と「自分らしさ」について伺いました。

「ダイバーシティなくしてIBMのビジネスは語れない。IBMが人材の多様性に取り組む理由」(日本アイ・ビー・エム株式会社)
情報システムに関わるサービスを開発提供している日本アイ・ビー・エム株式会社。女性の活躍支援や子育て応援、LGBTへの取り組みや障害者雇用など、ダイバーシティの促進に力を入れている企業でもあります。近年では職場でのダイバーシティ促進に止まらず、障害者向けのインターンシップも開催。なぜ、そしてどのようにダイバーシティに取り組んでいるのでしょうか?

<コンテンツその2.D&Iに関する基礎知識コラム&ニュース配信>
「そもそも『D&I』ってどういうこと?」「ビジネス視点でどう考えるかイメージが湧きづらい…。」
このような疑問に応え、D&Iを考えていくための、前提となる知識をご紹介します。
また日本国内だけでなく海外の事例も含む、ダイバーシティに関するニュースもご紹介していきます。


■メディアローンチ記念・超福祉展に登壇が決定!
「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展(超福祉展)」に、『PINGUINC.』編集長の佐藤と、編集員のダヴィドが登壇いたします。「働き方改革」とビジネス成長を両立させながら、企業はどのようにD&Iに取り組んだらよいのか。国内企業や海外の先進事例をヒントに一緒に考える場をつくります。

日程 : 2018年11月12日(月)14:30-16:00
場所 : 渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE
シンポジウム名: ダイバーシティ&インクルージョンを、ビジネス視点で考える
URL : http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/

PINGUINC.編集長:佐藤 古都
https://www.atpress.ne.jp/releases/169967/img_169967_2.jpg
PINGUINC.編集員:ダヴィド・センブレス
https://www.atpress.ne.jp/releases/169967/img_169967_3.png


【メディアサイトについてのお問い合わせ先】
株式会社ゼネラルパートナーズ
担当 : 佐藤 古都
お電話でのお問い合わせ: 080-4914-2805(受付時間 平日10:00〜17:00)
03-3270-5500(受付時間 平日10:00〜17:00)
メールでのお問い合わせ: pinguinc@generalpartners.co.jp
Webでのお問い合わせ : https://www.pinguinc.jp/


≪株式会社ゼネラルパートナーズについて≫
障害者専門の人材紹介会社として、2003年に創業。その後、「就職・転職サイト」「障害別の教育・研修事業」「就労困難な障害者による農業生産事業」など、幅広い事業を展開している。2016年10月には障害者アスリートなど、支援の対象もさらに広げており、これまで就職や転職を実現した障害者の数は5,000人以上に及ぶ。「誰もが自分らしくワクワクする人生」というビジョンのもと、今後は障害者に限らず、不登校、ひきこもり、LGBTなど様々な不自由を抱える方々のサポートへ、ビジネスの領域を広げていく。

会社名 : 株式会社ゼネラルパートナーズ
本社所在地: 〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F
代表者 : 代表取締役社長 進藤 均
設立日 : 2003年4月
URL : http://www.generalpartners.co.jp/
業務内容 : 障害者専門の人材紹介事業、求人情報事業、教育・研修事業、
農業生産事業、調査・研究機関 など

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る