• トップ
  • リリース
  • -「知」の最先端を、体感する。-明治大学 アカデミックフェス2018駿河台キャンパスで、11月23日に開催

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

-「知」の最先端を、体感する。-明治大学 アカデミックフェス2018駿河台キャンパスで、11月23日に開催

(@Press) 2018年11月05日(月)11時00分配信 @Press

明治大学は11月23日(祝・金)に、「アカデミックフェス2018」を駿河台キャンパスで開催いたします。
今まで伝統的な「知」の集積と体系化を目指してきた大学には、かつてないほどの情報技術の進化や社会システムの変化に柔軟に対応するために、分野を超えた複数研究者による共創を通して新たな「知」の価値を生み出し、それを社会に発信すると同時に、常に自己改革をすることが求められています。
明治大学は、学生数三万人を超える総合大学としてのメリットを最大に生かし、文系理系の枠を取り去り、新しい「知」をかけ合わせた高次の価値を生み出し、自在にネットワークできる共創的コミュニティーの構築を目指しています。これからの激動する社会変化を先導的に予測し、「暮らしやすい社会」「ワクワクする未来」を確実に実現するための技術や知見を社会に問うことで、産官学連携による画期的なイノベーションが起きることが強く期待されています。このアカデミックフェスでは、「魅力ある社会をつくるための明治大学の次の一手」について、同時多発的に多様な領域をテーマとしたディスカッションを行い、新しい「知」の在り方を楽しく探ります。

■明治大学 アカデミックフェス2018
開催日時:2018年11月23日(祝・金)10:00〜18:40(※入場無料)
会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモンおよびグローバルフロント
開催目的:
・領域を超えた共創的研究の促進と発信
・特色ある研究の発掘と企業マッチング
・研究者によるミニフォーラムの同時開催
・校友会/関係企業へのアピール など
対象:学部・大学院生、高校生、卒業生、関連企業、本学教職員
開催内容:
・対談とシンポジウム(メインイベント)
・テーマ別ミニフォーラムの開催(分科会)
・先進的研究の実演(分科会)
・学生の研究発表
※イベント詳細は、次ページをご参照ください
※内容等詳細は、HP(http://www.meiji.ac.jp/gakucho/muaf2018/)をご確認ください
コーディネーター:
飯田泰之(政治経済学部)、牛尾奈緒美(情報コミュニケーション学部)、
門脇耕三(理工学部)、釜崎太(法学部)、川島高峰(情報コミュニケーション学部)、小西知世(法学部)、小林正美(理工学部)、阪井和男(法学部)、高峰修(政治経済学部)、田中友章(理工学部)、所康弘(商学部)、中川大地(明治大学野生の科学研究所研究員)、中林真理子(商学部)、浜本牧子(農学部)、福地健太郎(総合数理学部)、柳憲一郎(法学部)
協賛企業・自治体:
・株式会社共立メンテナンス
・コニカミノルタ株式会社
・シダックス株式会社
・対馬市
・野村不動産株式会社

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る