• トップ
  • リリース
  • Vtuber向けライブ配信アプリ「VirtuaLive(バーチャライブ)」の事前登録がスタート スマートフォンだけでVtuberとしてライブ配信ができるアプリ

プレスリリース

Vtuber向けライブ配信アプリ「VirtuaLive(バーチャライブ)」の事前登録がスタート スマートフォンだけでVtuberとしてライブ配信ができるアプリ

(@Press) 2018年12月21日(金)11時00分配信 @Press

ライブ配信サービスの運営などを行う株式会社リアズ(本社:大阪府大阪市淀川区、代表取締役:金子 大助、 https://reas.jp/ )は、2019年春、スマートフォン1つで誰でもバーチャル配信ができるライブ配信アプリ「VirtuaLive(バーチャライブ)」の提供を開始する予定です。また事前登録となるキャンペーンを2018年12月21日(金)よりスタートいたします。


▼新サービス名
VirtuaLive(バーチャライブ)

Webサイト: https://virtualive.jp
ムービー : https://www.youtube.com/watch?v=EmxUjUbV5LA


▼VirtuaLiveの特徴
VirtuaLiveとは、スマートフォン1つで誰でもバーチャルキャラクターになりきって配信ができるライブ配信アプリです。自分の姿を3Dモデルのキャラクターに変換し、配信を視聴しているユーザーとリアルタイムに会話をしたり、ギフトと呼ばれるアイテムを用いて、コミュニケーションを取ることが可能です。運営元の株式会社リアズはライブ配信サービスを10年以上運営しており、その事業ノウハウによりユーザーは安定した配信・視聴を行うことができます。

また、ライブ配信では実際にユーザーの顔の動きを捉えてキャラクターに反映させる「フェイストラッキング」の機能を備えており、よりリアルなキャラクターの造形や表情を配信することができ、配信者はそのコミカルな表情を楽しむことができます。


▼VirtuaLive開発に至った背景
株式会社リアズでは、数年前よりPCユーザー向けの2次元キャラクターによるライブ配信「萌えちゃっと」を運営。その人気が高まり、より幅広いユーザーにライブ配信を楽しんでもらえるようスマートフォン向けアプリとして「VirtuaLive」の開発に至りました。


▼今後の展開
顔だけではなく体の動きもキャラクターに置換できる技術や、ボイスチェンジ機能を開発中です。国内最大のバーチャルライブ配信プラットフォームを目指します。
また現在は一部のスマートフォンのみがライブ配信に対応していますが、今後すべてのスマートフォンでライブ配信が行える技術を開発中です。


■会社概要
社名 : 株式会社リアズ
所在地 : 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5丁目14-10 新大阪トヨタビル4階
(旧称:サムティ新大阪フロントビル)
設立 : 2005年2月
代表者 : 代表取締役 金子 大助
事業内容: ・ライブチャットコンテンツの運営全般
・ホームページの企画、立案、
情報サービス業ならびに情報提供サービス業
・情報ネットワーク関連通信システムの
企画、設計、構築、保守、運用管理
https://reas.jp/company/infographics/
URL : https://reas.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る