• トップ
  • リリース
  • 株式会社エクスプローラ、SRTアライアンス加盟に伴い11月15日にSRTセミナーをHaivision社と共同開催

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社エクスプローラ

株式会社エクスプローラ、SRTアライアンス加盟に伴い11月15日にSRTセミナーをHaivision社と共同開催

(@Press) 2018年10月29日(月)12時00分配信 @Press

画像技術をコアにコーデック製品を展開している株式会社エクスプローラ(本社:北海道函館市、代表取締役社長:矢吹 尚秀、以下エクスプローラ)は、IPストリーミングにおいて高品質で安全かつ低遅延ビデオの配信を可能にするビデオ伝送技術SRT(Secure Reliable Transport)プロトコルを普及・推進するSRTアライアンスに加盟しました。これに伴い、2018年11月15日(木)に幕張メッセで開催されている「Inter BEE 2018」において「SRTセミナー」を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169332/LL_img_169332_1.png
SRTアライアンス

SRTプロトコルはカナダHaivision社によって開発されたオープンソースのビデオ伝送技術で、伝送機器、クラウド上に構築されたストリーミングサービス、ソフトトウエア、CDNといったIP伝送や配信などのサービスに広く採用され、これからのIPストリーミングを高性能・高品質にする基本プロトコルとなることが期待されています。

今回エクスプローラの加盟したSRTアライアンスは、SRTプロトコルを普及促進するために2017年4月にHaivision社とWowza Media Systems社が中心となり設立されました。現在では、Microsoft、Ericsson Media Solutions、Matroxなどの、放送、CDN(Content Delivery Network)、ストリーミングサービス、ソフトウエアメーカーなど150社以上が参加し、IPストリーミングに関わる多くの分野での活用が推進しています。
SRTアライアンスの詳細については、 https://www.srtalliance.org/ をご覧ください。

エクスプローラは2018年9月にオランダ アムステルダムで開催された欧州最大の放送機器展「IBC 2018」に出展し、SRTを搭載した自社開発の4K対応H.265/HEVCコーデックシステムを使ってデモンストレーションを行い、SRTプロトコルの高性能・高品質の一端を皆様にお見せしました。エクスプローラはSRTプロトコル搭載製品によって、よりお客様の満足度を高め事業を展開してまいります。


■SRTセミナーの開催
11月14日(水)から16日(金)幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2018」のコンファレンススポンサーセッションブースにて「SRTセミナー」を開催します。本セミナーでは、Haivision社のEVP&CMOであるピーター・マアグ氏の講演と日本マイクロソフト様、サイバーエージェント様、RIOT Games様に参加をいただきパネルディスカッションを開催します。今後普及が期待されるSRTプロトコルのビジネスとしての可能性や期待、社会的インパクトについての情報をお伝えいたします。

【SRTセミナーの概要】
セミナー名 : 高品質・低遅延での映像伝送を実現!
オープンソース次世代規格SRT
開催日時 : 2018年11月15日(木)15:00〜17:00
会場 : 幕張メッセ国際会議場 104
https://www.m-messe.co.jp/organizers/guide/conferencehall/guide_conference
入場 : 無料 (来場者登録入場制)
入場登録サイト
https://www.interbee-conference.com/forum-conference/#CS2-153
主催 : Haivision/株式会社エクスプローラ
セミナー資料: https://paltek.lmsg.jp/p/boe70u/


■株式会社エクスプローラについて
エクスプローラは1992年に創業し、放送機器、医療機器、音響処理装置などの組込み機器のハード・ソフト設計、試作製造から量産やOEM供給まで手掛けています。FPGAやDSPに関する豊富な設計実績を持ち、最先端の画像・音声処理に関し高い技術力と実績を有しています。また、設計・製造受託だけでなく、自社製品の開発にも力を入れております。なお、エクスプローラは2012年7月に半導体をコアにシステム提案、設計開発サービスを提供する株式会社PALTEKのグループ会社となりました。
エクスプローラに関する詳細は、 http://www.explorer-inc.co.jp/ をご覧ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る