• トップ
  • リリース
  • 初めてプロ棋士が優勝!「第4回グロービス・トライボーディアン日本選手権」開催!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社マイナビ出版

初めてプロ棋士が優勝!「第4回グロービス・トライボーディアン日本選手権」開催!

(@Press) 2018年10月23日(火)15時15分配信 @Press

株式会社マイナビ出版(本社:東京都千代田区)は、『第4回グロービス・トライボーディアン日本選手権』を、2018年10月20日(土)に開催いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169148/LL_img_169148_1.jpg
名人戦優勝の安斎伸彰七段

将棋、囲碁、オセロという日本で広く知られる3つのボードゲームの総合力を競う、第4回グロービス・トライボーディアン日本選手権を、10月20日(土)、「パレスサイドビル」(東京都千代田区)にて開催いたしました。「初級」「一般」「名人」の3クラスに総勢98名が参加し各6回戦を戦った結果、名人クラスでは、プロの囲碁棋士である安斎伸彰七段が2回目の参加で優勝を果たしました。安斎七段は、10月12日マイナビ出版発売の「決定版!囲碁 9路盤完全ガイド」の著者であり、大会初のプロの囲碁棋士による優勝となりました。クラスごとの結果は以下のとおりです。

<名人クラス>(41名参加)
優勝 安斎伸彰
準優勝 阿部由羅
3位 石川輝

<一般クラス>(33名参加)
優勝 田辺克彦
準優勝 小川詩織
3位 縣俊介

<初級クラス>(24名参加)
優勝 小塩貴誠
準優勝 五十嵐琉飛
3位 山岸歓

また、今大会には優勝した囲碁棋士の安斎伸彰七段をはじめ、山田晋次六段、芝野龍之介初段、オセロの世界ランカー山川高志さん、佐谷哲さんにご参加いただき、一種目の大会では実現し得ない豪華な参加者が揃いました。

<第4回グロービス・トライボーディアン日本選手権 概要>
主催:株式会社マイナビ出版
協賛:グロービス
協力:公益社団法人日本将棋連盟、公益財団法人日本棋院、一般社団法人日本オセロ連盟、棚瀬寧

体力の限界に挑む厳しさから「鉄人レース」とも呼ばれるトライアスロンのボードゲーム版で、堀義人グロービス代表によって「トライボーディアン」と名づけられました。そんなグロービス・トライボーディアン日本選手権は、全国のボードゲーム好きが挑む大会となっています。各参加者がスマートフォン・タブレットを持参しAndroid、iOSアプリ「囲碁クエスト」「将棋クエスト」「オセロクエスト」を使用して対戦します。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る