• トップ
  • リリース
  • アニメ『フレームアームズ・ガール』2019年初夏に劇場公開決定!プロデューサー・メインキャストから劇場公開意気込みコメントも!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

アニメ『フレームアームズ・ガール』2019年初夏に劇場公開決定!プロデューサー・メインキャストから劇場公開意気込みコメントも!

(@Press) 2018年10月22日(月)13時30分配信 @Press

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169129/img_169129_1.jpg
劇場公開にあたりプロデューサーやメインキャストから意気込みコメントが届いた。

杉山学プロデューサー
「いつも応援いただき、ありがとうございます。今度は劇場で
フレームアームズ・ガールたちがいろいろな意味で”きゃっきゃうふふ”します。そのための準備を進めていますのでお楽しみに。」

佳穂成美(轟雷役)
「劇場公開、決定しましたー!おめでたい!みなさまに感謝です。ありがとうございます。2019年初夏公開とのことで私たちも
とても楽しみにしております。劇場で、お会い致しましょー!」

山村響(アーキテクト役)
「改めて、劇場版公開決定おめでたや!公開時期も明らかになって、私自身も来年が待ち遠しくてなりません。まだまだ先の話のようですが、きっとあっという間に来るに違いない!皆さまそれぞれの「ウチの子」達と一緒に続報をお待ち頂ければ幸いです。」

阿部里果(フレズヴェルク役)
「発表、待ちに待っておりましたよー!劇場版でも”きゃっきゃうふふ”、健在なのかなー?私も楽しみですし、フレズさん節を炸裂できればと思います!ばっちこーい!まだまだ情報のオンパレードが続くと思いますので、皆さんご期待くださいね!!」

公開日や内容などの詳細は今後順次発表致します。
今後はシンガポールで開催されるC3AFA(11月30日〜12月2日)への出展を予定している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■TVアニメ『フレームアームズ・ガール』基本情報
【スタッフ】
原作: 壽屋
FAガール ベースデザイン: 島田フミカネ 柳瀬敬之
監督: 川口敬一郎
シリーズ構成: 赤尾でこ
キャラクターデザイン原案: 島田フミカネ
メカニックデザイン: 柳瀬敬之
キャラクターデザイン: 川村幸祐
CGディレクター: 後藤優一
音楽: 帆足圭吾(MONACA) 石濱翔 (MONACA)
音響監督: 飯田里樹
アニメ―ション制作: ZEXCS / studioA-CAT
製作: 壽屋/ FAGirlProject

【キャスト】
源内あお cv.日笠陽子
轟雷 cv.佳穂成美
スティレット cv.綾瀬有
バーゼラルド cv.長江里加
マテリア姉妹 cv.山崎エリイ
迅雷(じんらい) cv.樺山ミナミ
アーキテクト cv.山村響
フレズヴェルク CV.阿部里果

アニメ公式HP:http://www.fagirl.com
アニメ公式ツイッター:http://twitter.com/fagirl_official
コピーライト: (C)KOTOBUKIYA / FAGirlProject
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■TVアニメ「フレームアームズ・ガール」とは
2017年4月に放送・配信された、シリーズ累計出荷数100万個を突破した、大ヒットプラモデルを原作としたTVアニメ。

ある日の早朝、普通の女子高校生あおの元に届けられた謎の小包。
開けるとそこにはフレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボット『轟雷』が入っていた。
おもちゃだ!プラモデルだ!
しかし轟雷はただのフレームアームズ・ガールではなかった。
通常の人工知能以上に高度な、人格を有する人工自我、AS(アーティフィシャル・セルフ)を搭載した最新型の試作機だったのだ。
しかも轟雷を起動できたのは世界中であおたった一人。
バトルデータを収集し、感情を学んでいく「フレームアームズ・ガール・轟雷」。
フレームアームズ・ガールの知識0(ゼロ)の「少女・あお」。
かくして、あおと轟雷、少女とフレームアームズ・ガールの奇妙で楽しい、きゃっきゃうふふな日常がスタートする!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る