• トップ
  • リリース
  • スポーツクラブ集客の約75%〜80%はWeb、チラシ、口コミ!マックスヒルズ、入会経路に関するアンケート調査を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社マックスヒルズ

スポーツクラブ集客の約75%〜80%はWeb、チラシ、口コミ!マックスヒルズ、入会経路に関するアンケート調査を実施

(@Press) 2018年10月04日(木)11時00分配信 @Press

株式会社マックスヒルズ(本社:大阪府大阪市、以下 マックスヒルズ)は、国内スポーツクラブの入会経路について、スポーツクラブ入会経験者と入会検討者を対象にアンケート調査を実施いたしました。調査の結果、スポーツクラブ集客において、約75%〜80%の入会経路は「Web」「チラシ」「紹介・口コミ」に集中することが明らかになりました。本調査では、年代別にどのような媒体が集客のチャネルとなっているのか細かく調査し、年代ごとの傾向と対策を考察しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167438/LL_img_167438_1.png
マックスヒルズ調査レポート

※本リリースに含まれる調査結果をご掲載いただく際は、必ず「マックスヒルズ調べ」と明記してください。
※その他、全調査内容は『マックスヒルズ「スポーツクラブへの入会経路2018」スポーツクラブが広告で成功するための条件〜入会する際の情報を知り、広告媒体の最適な配分を導く〜』として、 https://info.goodsalespromotion.jp/admission2018_press より個人情報を登録のうえ、閲覧できます。


■調査概要
目的 :スポーツクラブが費用対効果の高い広告活動を行うための情報源の抽出
回答方法:Webアンケート調査
実施期間:2018年3月26日(月)〜2018年3月28日(水)
回答者数:4,584人


■調査サマリー
今回、「スポーツクラブに入会(を検討)する際、きっかけになった情報」の2018年版を調査しました。その結果、以下の現状が明らかになりました。

●30代・40代・50代・60代以上において、「チラシ」をスポーツクラブ入会のきっかけにしている人が増加。60代以上では35%が「チラシ」をきっかけに入会している
●「Web」「チラシ」「紹介・口コミ」の3つの入会経路が、スポーツクラブ入会の約75〜80%を占める
●2017年と比較し、40代・50代・60代以上において「Web」からの入会経路が減少。その一方で、30代・40代・50代・60代以上は「チラシ」からの入会経路が増加した
●「紹介・口コミ」による入会は19.2%〜27.9%あり、スポーツクラブにおける「紹介・口コミ」の優位性は続いている
●こどもがいる人は、こどもがいない人と比べて約1.6倍チラシからの入会経路が多くなっている

マックスヒルズ調査レポート
https://www.atpress.ne.jp/releases/167438/img_167438_2.png


■関連セミナー開催!
スポーツクラブの集客チャネルの75%〜80%を占める「WEB」「チラシ」「紹介・口コミ」のなかでも、「WEB」「紹介・口コミ」に焦点をしぼった集客セミナーを東京で開催します。

明日から実践できるスポーツクラブの集客セミナー
https://info.goodsalespromotion.jp/customer_acquisition_wp


■マックスヒルズについて
マックスヒルズは、スポーツクラブ集客に特化した広告代理店です。Web集客、紙媒体、紹介キャンペーン、エリアマーケティングの4つの集客方法を軸に、それぞれのお客様に最適なベストプラクティスを提案いたします。国内における取引店舗数は約600店舗。大手のフィットネスクラブから、地域密着型のスクール、個人経営のパーソナルトレーニングジムまで幅広いお客様にご利用いただいております。
https://info.goodsalespromotion.jp/admission2018_press_web

会社名 :株式会社マックスヒルズ
所在地 :大阪府大阪市中央区北浜2-3-10 VIP関西センタービル5F
業務内容:広告の企画・立案・制作・実施
(テレビ・ネット広告・ラジオ・新聞・雑誌・交通広告・
折込チラシetc)
セールスプロモーション企画/
グラフィック・Webデザイン・ホームページ制作管理・DTP制作/
ノベルティ作成/店舗プロデュース/
マーケティングシステム開発・マーケティングリサーチ/
イベント企画・運営/出版・編集関連業務/
学校(セミナー)企画・運営

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る