• トップ
  • リリース
  • 明治大学現代中国研究所が六四・天安門事件30周年に向けたプレ・シンポジウムを10月21日(日)、駿河台キャンパスで開催報告者:矢吹晋氏/コメント:岩田昌征氏

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

明治大学現代中国研究所が六四・天安門事件30周年に向けたプレ・シンポジウムを10月21日(日)、駿河台キャンパスで開催報告者:矢吹晋氏/コメント:岩田昌征氏

(@Press) 2018年10月03日(水)11時00分配信 @Press

明治大学現代中国研究所は、六四・天安門事件三十周年プレ・シンポジウム「六四・天安門事件を考える」を駿河台キャンパスグローバルフロント1階 グローバルホールにて、10月21日(日)14時より、開催します。事前予約不要・入場無料。
同研究所は2019年6月に米国コロンビア大学の著名な六四・天安門事件研究者であるアンドリュー・ネイサン(Andrew Nathan)教授、張博樹客員教授の両氏を招き、「六四・天安門事件三十周年記念国際シンポジウム」を開催する予定です。その前哨戦として、今回、三十周年プレ・シンポジウムを開催し、本番にむけて問題点の掘り起こしや整理などを行います。

■三十周年プレ・シンポジウム「六四・天安門事件を考える」
日時:2018年10月21日(日)14:00〜17:10(13:30開場)
会場:明治大学駿河台キャンパス
グローバルフロント1階 グローバルホール(事前予約不要・入場無料)
報告:矢吹晋氏(横浜市立大学名誉教授)
コメント:岩田昌征氏(千葉大学名誉教授)
司会:石井知章(明治大学商学部教授)
主催:明治大学現代中国研究所
プログラム:
14:00〜14:10:はじめの挨拶(石井知章)
14:10〜15:30:報告(矢吹晋氏)
15:30〜15:40:休憩
15:40〜16:10:コメント(岩田昌征氏)
16:10〜17:00:質疑応答、討論
17:00〜17:10:おわりの挨拶(石井知章)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る