• トップ
  • リリース
  • 2018 Veeva R&D Summitを開催、製品開発の迅速化を成功させた最新情報/戦略を発表

プレスリリース

Veeva Japan株式会社

2018 Veeva R&D Summitを開催、製品開発の迅速化を成功させた最新情報/戦略を発表

(@Press) 2018年09月19日(水)11時00分配信 @Press

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、9月16日〜18日にかけて、米国フィラデルフィアで2018 Veeva R&D Summitを開催します。このイベントでは、1,300人を超えるライフサイエンスのプロフェッショナルおよび専門家にお集まりいただき、製品開発の迅速化に向けた、最新情報を発表します。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)
原文: https://www.veeva.com/resources/2018-veeva-rd-summit-to-showcase-advances-in-speeding-product-development/

このSummitは、bluebird bio社のチーフ・ブルーバードであるNick Leschly氏との遺伝性疾患および希少疾患における画期的なイノベーションの可能性に関するディスカッションで幕開けします。同氏は、Veevaのプレジデント兼共同創業者であるMatt Wallachと共に「遺伝子治療がもたらす疾病治療の具現化」というテーマでファイアーサイド・チャットに臨席します。

100人を超える、製薬、バイオテックおよび医療機器の分野における一流のプロフェッショナルが、臨床開発、薬事および品質管理の各業務における製品開発プロセスの効率化に向けた詳細なベストプラクティスを共有します。今年のイベントでは特に、臨床試験パフォーマンスの最適化、臨床データマネジメントの再構築、品質マネジメントの近代化および薬事業務の変革に関して、下記のような基調講演を用意しています。

● Janssen Pharmaceuticals社、Pharmaceutical Product Development LLC(PPD社)およびIACT Health社は、治験依頼者、医薬品開発業務受託機関(CRO)および試験実施医療機関が、より適切に協力しながら臨床試験を実施するための、臨床試験情報の共有を改善する契機を明らかにします。

● Cara Therapeutics社は、最新のEDCソリューションにより、どのように臨床データマネジメントを改善し、臨床試験データベースの構築と設計を迅速化したかを説明します。

● Bristol-Myers Squibb社は、企業全体の戦略的な取り組みにより、品質マネジメントをグローバルで近代化し、変更管理プロセスを変革するためのビジョンを共有します。

● Eli Lilly and Company社は、RIMの変革に向けた革新的なアプローチと、単一のRIMプラットフォーム上での承認後の変更における、エンドツーエンドプロセスの実現について講演します。

VeevaのCEO兼創設者であるPeter Gassnerは基調講演で、Veeva Vaultが臨床開発、薬事、品質管理(近日中には安全性も)の各業務において、業界の製品開発プロセスの変革をどのように実現しているのか、ご説明します。また、臨床試験中に、治験依頼者、CROおよび試験実施医療機関がシームレスに協業するのをサポートするVeevaのビジョンも明らかにします。Veeva Vault担当シニアヴァイスプレジデントのJen GoldsmithおよびVeeva Vault担当ゼネラルマネージャーのAvril Englandは、Veeva Development Cloudでグローバルに、研究と開発全体におけるバリエーションマネジメントや変更管理などをエンドツーエンドにプロセス管理する方法について紹介します。

60を超えるセッションとワークショップには、次の各社から講演者をお迎えします。AbbVie、Agios Pharmaceuticals、Alkermes PLC、Allakos、Atlantic Research Group、BioEnterprise、Clintec、Gilead Sciences, Inc.、GlaxoSmithKline、ICON plc、Incyte Corporation、Integra LifeSciences、Intersect ENT、Ionis Pharmaceuticals, Inc.、Melinta Therapeutics Inc.、Ora, Inc.、Radius Health、Regeneron Pharmaceuticals Inc.、Replimune Group Inc.、Seattle Genetics, Inc.、Syneos Health、Sysmex Corporation、TESARO, Inc.、Ultragenyx Pharmaceutical Inc.、Upsher-Smith Laboratories LLC他
2018 Veeva R&D Summitのスポンサーは、次の各社です。Accenture、AG Mednet、Amazon Web Services、C3i Solutions、CGI、Cognizant、Comprehend Systems, Inc.、Deloitte、EY、FME、Ideagen Plc、LPW Training Services、Mavens、NNIT、Qlik、SDL、Tata Consultancy Services、Trifecta、UL PURE Learning、Valiance Partners

Veeva R&D Summitは、Veevaのお客様およびご招待客の皆様向けの無料のイベントです。詳細情報およびアジェンダ全体の詳細は、 https://www.veeva.com/events/rd-summit/ をご覧ください。

2018 Veeva R&D Summit
https://www.veeva.com/events/rd-summit/
Veeva Development Cloud
https://www.veeva.com/jp/products/development-cloud/


【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで650社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、 https://veeva.com/jp/ をご覧ください。


【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially.
Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on F Form 10-Q for the period ended April 30, 2018. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.


(R) 2018 Veeva Systems Inc. All rights reserved. Veeva and the Veeva logo are trademarks of Veeva Systems Inc.
Veeva Systems Inc. owns other registered and unregistered trademarks.

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る