• トップ
  • リリース
  • 賃貸マンション市場の景況感を共同調査 2018年4〜6月期の東京都23区では空室期間が短縮化、坪単価は上昇

プレスリリース

東急住宅リース株式会社、ダイヤモンドメディア株式会社

賃貸マンション市場の景況感を共同調査 2018年4〜6月期の東京都23区では空室期間が短縮化、坪単価は上昇

(@Press) 2018年09月10日(月)14時00分配信 @Press

東急住宅リース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北川 登士彦)とダイヤモンドメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武井 浩三)は、東急住宅リースの管理物件データおよびダイヤモンドメディアが提供するリーシングマネジメントシステム「Centrl LMS(セントラル・エルエムエス 以下「LMS」)」から取得した入居者募集中物件のデータを活用し、前年度比較を行うことで2018年4月〜6月期の賃貸市場の景況感を調査・分析しました。


■調査概要
賃貸住宅の1年ごとの坪単価・空室期間の前年同期比、LMSにより取得した入居者募集中物件数
1.「坪単価」
成約物件の平均坪単価の前年同期比(変動幅)
2.「空室期間(旧契約の解約日から新契約締結日まで)」
成約物件の平均空室期間の前年同期比(変動幅)
3.「募集戸数」
LMSから取得した入居者募集中物件の総数(2018年6月末時点)による競合状況

調査期間:2017年4〜6月期、2018年4〜6月期
調査対象:1.2. 東急住宅リース管理物件成約データ
2017年4〜6月期:約2,000件、2018年4〜6月期:約3,500件
3. LMS(不動産管理会社向け業務支援システム)登録募集データ
2018年6月時点:約72,000件
対象地域:東京都23区


【分析結果】
2018年4〜6月期は前年同時期に比べ、東京都23区の全エリアで空室期間は短縮化し、坪単価が上昇したエリアが多く見られました。特に、シングルタイプでは城北・城西、カップルタイプでは城西・城北、ファミリータイプでは城東・城北・城西エリアにおいて、好調な様子がうかがえました。


東急住宅リースでは、これらの分析結果を公開し、不動産オーナー様にデータに基づくアドバイスを実施することで、オーナー様よりお預かりしている資産収益の最大化を目指してまいります。
両社は、不動産賃貸業界の情報の透明性を高めることを目指し、今後も定期的に分析データの結果を公開してまいります。

分析結果は、以下URLよりご覧ください。
https://tokyu-housing-lease.co.jp/info/news/pdf/2018091002-details.pdf

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る