• トップ
  • リリース
  • 障害者アスリート専門の人材サービス『atGPアスリート』が種目・実績を問わずすべての障害者へサービスを拡大

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ゼネラルパートナーズ

障害者アスリート専門の人材サービス『atGPアスリート』が種目・実績を問わずすべての障害者へサービスを拡大

(@Press) 2018年09月03日(月)15時00分配信 @Press

障害者の就労支援を中心にソーシャルビジネスを展開する株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤 均)は、障害者アスリートを対象としたキャリア支援サービス『atGPアスリート』のサービス対象者を拡大いたしました。競技種目・実績・障害種別を問わずすべての障害者アスリートをサポートし、競技レベルに合わせたキャリアチェンジや競技引退後のセカンドキャリア設計も、ともに考えてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/164834/LL_img_164834_1.jpg
atGPアスリート・サイトTOP

■障害者アスリートの競技人生・キャリアをトータルサポート
2020年の東京パラリンピックに向けて、障害者アスリートが報道番組にて特集されたり、広告に起用されたりと、社会的な関心も高まりつつあります。しかし障害者アスリートを取り巻く環境は、まだ十分に整っていない状況です。競技と仕事を両立できる環境に恵まれない方、競技引退後のキャリアに不安を抱く方は少なくありません。当社にも平昌パラリンピックに出場される方が、平昌に発つ前にパラリンピック後のキャリアについてご相談にいらっしゃったこともありました。日本のトップ選手でさえ、大事な本番を前にしても競技生活後の人生を気にしなければならない現状です。

当社研究機関・障がい者総合研究所の行った『オリンピック・パラリンピックへの意識調査』では、回答者のうち87%の方々が「東京オリンピック・パラリンピックによる障がいへの理解の促進は限定的」と考えていることがわかりました。その中には「同じ障害区分でも障害に至った経緯や障害の重度は個人ごとに異なるため、すべての障害に対して理解が進むのは難しいと思います」、「パラリンピックが東京で開催されるからといって、障害は身近なことではなくテレビの中の世界、自分とは関係ない世界、と思い続ける人が多いように思われます」という声が挙げられています。
東京パラリンピックを一時的な盛り上がりで終わらせるのではなく、障害者スポーツをきっかけとした障害に関する認知拡大や、障害者と実際にコミュニケーションを取ることでの当事者理解が求められているのではないでしょうか。

このような現状を踏まえ、『atGPアスリート』はサービスを見直し、求人紹介や就職後フォロー等利用できる対象範囲を拡大いたしました。また従来のサービス内容に加え、就職後のキャリアチェンジや引退後の職務まで、継続してサポートしてまいります。より多くの障害者アスリートを支援し、競技でも仕事でも活躍される方が増えることで、障害者の良き認知が広まる一助になりたいと考えております。


■サービスリニューアル・2つのポイント
<ポイント(1) 競技種目・実績・障害種別を問わずサポート>
「これから競技を始めたい」
「パラリンピック競技種目ではない」
「競技を引退し次のキャリアを考えている」
という方も、まずはお問い合わせください!代表レベルの方から引退されている方まで、競技種目・実績・障害種別を問わずすべての障害者アスリートをサポートいたします。

<ポイント(2) 手厚く継続的なキャリアカウンセリング>
競技レベルに応じたキャリアチェンジや競技引退後のセカンドキャリア設計も、アスリート経験を持つ専任担当者が継続的にサポートいたします。
単なる求人紹介ではなく長期的なキャリア設計を、障害者雇用支援のパイオニアとして15年間歩んだ実績を活かし、一緒に考えてまいります。

https://www.atpress.ne.jp/releases/164834/img_164834_2.jpg


■専任キャリアアドバイザー 酒井 裕唯からのメッセージ
27年間という長い期間、ショートトラックスピードスケートという競技を続けてきました。バンクーバー五輪とソチ五輪に二大会連続出場。2011-12シーズンでは年間で全6戦あるW杯の初戦で日本人初の1,000m優勝を獲得し、同年、日本人女子初1,000m年間ワールドチャンピオンのタイトルを取ることができました。

私自身、競技を続けていく中でアスリートとしての就職やセカンドキャリアという問題はいつでもついて回る問題でした。どんな企業が自分を求めているのか。どんな仕事ができるのか。アスリートとして今後も活動していきたい方、セカンドキャリアも含めて就職を考えている方に、キャリアアドバイザーとして、またアスリートとしての視点も含めてサービスをご提供していけたらよいと考えています。一人でも多くの方がより良い競技生活、セカンドキャリアを送れるようにお手伝いしていきたいと思っています。

専任キャリアアドバイザー 酒井 裕唯
https://www.atpress.ne.jp/releases/164834/img_164834_3.jpg

atGPアスリート・ロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/164834/img_164834_4.jpg

お問い合わせ: https://www.atgp.jp/athlete/


≪株式会社ゼネラルパートナーズについて≫
障害者専門の人材紹介会社として、2003年に設立。その後、「就職・転職サイト」「障害別の教育・研修事業」「就労困難な障害者による農業生産事業」など、幅広い事業を展開している。2016年10月には障害者アスリートなど、支援の対象もさらに広げており、これまで就職や転職を実現した障害者の数は5,000人以上に及ぶ。「誰もが自分らしくワクワクする人生」というビジョンのもと、今後は障害者に限らず、不登校、ひきこもり、LGBTなど様々な不自由を抱える方々のサポートへ、ビジネスの領域を広げていく。

会社名 : 株式会社ゼネラルパートナーズ
本社所在地: 〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F
代表者 : 代表取締役社長 進藤 均
設立日 : 2003年4月
URL : http://www.generalpartners.co.jp/
業務内容 : 障害者専門の人材紹介事業、求人情報事業、教育・研修事業
農業生産事業、調査・研究機関 など


■サービス登録についてのお問い合わせ先
株式会社ゼネラルパートナーズ
担当 : 西村
電話 : 0120-952-962(平日 10:00〜18:00)
メール: athlete@generalpartners.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る