• トップ
  • リリース
  • 札幌芸術の森美術館「五十嵐威暢の世界」展開催記念・革新的な老眼鏡を製品化!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社designshop

札幌芸術の森美術館「五十嵐威暢の世界」展開催記念・革新的な老眼鏡を製品化!

(@Press) 2018年08月21日(火)10時00分配信 @Press

株式会社designshop(本社:東京都港区南麻布、代表取締役:森博)は、当社が本年10月に札幌芸術の森美術館で開催される「五十嵐威暢の世界」展のためにプロデュース、製品化した「eyemeganetta premium(アイメガネッタ プレミアム)」を世界に向け、福井県の眼鏡メーカー 株式会社トライアングルから発売しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/163864/LL_img_163864_1.jpg
リーディンググラス 黒1

▼「designshop(デザインショップ)」内
「eye meganetta premium アイメガネッタプレミアム」商品ページ
https://www.designshop-jp.com/shopdetail/000000005131/
https://www.designshop-jp.com/shopdetail/000000005132/

五十嵐威暢 関連商品
https://www.designshop-jp.com/shopbrand/018/P/


■「eyemeganetta premium(アイメガネッタ プレミアム)」について
<究極のベーシックデザインを追及>
一枚の板状のハードコード仕様のレンズで構成された「eye meganetta アイメガネッタ」は、五十嵐威暢のデザインにより、モダンで、出来るだけ多くの方に似合う理想の老眼鏡(リーディンググラス)として開発され、1995年にはグッドデザイン賞を受賞しました。

その復刻版となる「eye meganetta premium アイメガネッタ プレミアム」は、designshopプロデュースで、前作の革新的な一体型ハードコード仕様のレンズが特徴のシンプルなデザインを守りながら、テンプルのしなやかさを改良し、性別や国籍問わず、日本人だけでなく海外の方にも合うように、より掛け心地の良いリーディンググラスへと生まれ変わりました。

eye meganetta premiumは一枚の板状のハードコード仕様のレンズで構成されており、テンプル部分もシンプルな白黒の2色展開になっており、どなたでも似合うデザインになっています。

ハードコート仕様のレンズ、テンプル部分には強度に定評のある、ポリカーボネートを採用していますので安心してご使用頂けます。また、シンプルな専用パッケージに入れてお届けいたしますので、ギフトにもおすすめです。


■製品仕様
商品名 :eyemeganetta premium(アイメガネッタ プレミアム)
発売日 :2018年8月15日
希望小売価格:5,000円+税
寸法 :レンズ W133×H25mm/テンプル レングス 148mm
重量 :465g
カラー :ブラック/ホワイト
素材 :ポリカーボネート
レンズ度数 :+1/+2/+3


■販売
[designshop(デザインショップ)] http://www.designshop-jp.com
ほか、全国小売店にて順次販売


■五十嵐威暢 Takenobu Igarashi プロフィール
https://www.atpress.ne.jp/releases/163864/img_163864_13.jpg
彫刻家、デザイナー。北海道滝川市生まれ。多摩美術大学卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。グラフィックデザイナーとして活動していた1970年代半ば、アクソノメトリック(透視)図法によるアルファベット作品を発表し、世界的に注目される。千葉大学、UCLAで教鞭をとったほか、多摩美術大学美術学部二部学科長及び第9代学長を務め、現在、多摩美術大学名誉教授。

代表作はニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界40カ所以上の公立美術館に永久保存されている。外務大臣表彰、勝見勝賞、毎日デザイン賞特別賞、IFデザイン賞、グッドデザイン賞など受賞多数。
現在、北海道新十津川町のアトリエ「かぜのび」を拠点に、主にパブリックアートの制作を続けている。

五十嵐威暢 Takenobu Igarashiサイト
http://www.takenobuigarashi.jp/


■展覧会情報
札幌美術展 五十嵐威暢の世界

本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すポスター、プロダクト、彫刻、約150点が一堂に会します。
「アートは日常の暮らしと風景によりそうことによって、人々の心をさらに豊かなものにする」と考え制作を続けてきた五十嵐威暢による、デザインとアートが融合する無二の世界をお楽しみください。

会期 : 2018年10月6日(土)〜11月25日(日)
時間 : 午前9時45分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 : 札幌芸術の森美術館
観覧料: 一般1,000円、高・大学生700円 小・中学生400円
https://artpark.or.jp/tenrankai-event/igarashitakenobu/


■五十嵐威暢と世界のコレクション展
本展では本年10月6日〜11月25日に札幌芸術の森美術館で開催します「五十嵐威暢の世界展」と連動しまして、実際に世界の美術館等にコレクションになっている、ポスター、プロダクト作品の一部を紹介するとともに、1983年から1993年の10年間にかけて、MOMAから依頼を受けたデザインの仕事を様々な角度から紹介します。

会期 : 2018年10月18日(木)〜11月4日(日)11:00〜19:00
会場 : designshop
観覧料: 無料
http://www.mh-unit.com/designshop/takenobuigarashi_collection.pdf


■書籍情報
●先日、出版されました、米ニューヨークgraphis社から
「TAKENOBU IGARASHI: DESIGN AND FINE ART」
https://www.graphis.com/store_/product/takenobu-igarashi-design-and-fine-art/

●これから出版の英ロンドンの Thames & Hudson社から
「Takenobu Igarashi: A to Z A World of Three-Dimensional Typography」
https://vol.co/coming-soon-igarashi/

●これから出版の「五十嵐威暢の世界」目録
https://artpark.or.jp/tenrankai-event/igarashitakenobu/


■株式会社designshop 概要
企業名 : 株式会社designshop
所在地 : 〒106-0047 東京都港区南麻布2丁目1番17号
代表 : 代表取締役 森 博
事業内容: 雑貨・家具 開発・卸・小売業
URL : http://www.designshop-jp.com

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る