• トップ
  • リリース
  • 青森県弘前市で「家入レオ」らが出演する『Cross.S 〜音×食×クラフトのフェスティバル〜』を10月8日に開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

青森県弘前市で「家入レオ」らが出演する『Cross.S 〜音×食×クラフトのフェスティバル〜』を10月8日に開催!

(@Press) 2018年08月03日(金)14時15分配信 @Press

青森県弘前市では、弘前の自然や文化の魅力を、「音楽」・「食」を通じて体感する音楽祭を2018年も開催します。6年目の開催となる今回は、日本を代表するアーティスト「家入レオ」による大規模なライブを開催するほか、りんごちょうちんで弘前公園にりんご畑を創作する「りんごちょうちんLighting Night」や「自慢の看板メニュー」が並ぶフードブース「津軽はらペコフェス」など、コンテンツが盛りだくさん!世代に関わらず誰もが楽しめるフェスティバルとなっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/162692/LL_img_162692_1.jpg
家入レオ


■『Cross.S 〜音×食×クラフトのフェスティバル〜』について
日時: 2018年10月8日(月・祝)10:00〜20:00
会場: 弘前市民会館 及び 弘前公園市民広場
WEB : http://hirosakijc.com/news/crosss20180711/


■家入レオ単独ライブについて
<会場>
弘前市民会館大ホール
開場:16:30
開演:17:00

<チケット料金>
前売り券 3,900円
※特典として、はらぺこフェス900円分チケット付き(専用ブースにてドリンク・フードと引き換え)。フードはなくなり次第終了となり、フード終了の際はドリンクのみの引き換え。

<チケット販売期間>
8月1日(水)〜10月7日(日)

<プレイガイド>
・チケットぴあ Pコード : 123‐867 お問合せ 0570-02-9999
・ローソンチケット Lコード : 21767 お問合せ 0570-084-002
WEB予約 : http://l-tike.com
・e+(イープラス)チケット WEB予約: http://eplus.jp/cross-s/


【家入レオ プロフィール】
福岡出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた「サブリナ」を完成させた15の時、音楽の道で生きていくことを決意。翌年単身上京。都内の高校へ通いながら、2012年2月メジャー・デビューを果たし、1stアルバム「LEO」がオリコン2週連続2位を記録。
第54回日本レコード大賞最優秀新人賞他数多くの新人賞を受賞。翌1月より開催の初ワンマンツアーは全公演即日完売に。翌2013年春高校を卒業。以降数多くのドラマ主題歌やCMソングなどを担当。

昨年2月にはデビュー5周年を記念し初のベストアルバム「5th Anniversary Best」を発売。4月には同じく初の日本武道館公演「5th Anniversary Live at 日本武道館」を開催し、チケットは即時完売・大成功に収める。7月には13thシングル「ずっと、ふたりで」(日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌)を、9月には大原櫻子・藤原さくらとのコラボレーション楽曲「恋のはじまり」を配信限定でリリース。

2018年2月21日には家入自身CM初出演となった「Relax」(「はじめてのClova WAVE 家入レオ(音楽)篇」CMソング/TBS系テレビ「CDTV」12月・1月度オープニングテーマ)などを収録した約1年7か月ぶりとなるニューアルバム「TIME」をリリースし、5月に「あおぞら」(フジテレビ系「ライオンのグータッチ」テーマソング)を配信限定でリリース。現在、全国ツアー“家入レオ 6th Live Tour 2018 〜TIME〜”を開催中で、8月1日には14枚目となるシングル「もし君を許せたら」のリリースが決定。


【弘前公園市民広場特設会場エリア】
会場 :弘前公園市民広場
開催時間:10:00〜20:00
入場料 :無料


【野外ライブステージ】
<出演アーティスト>
RINGOMUSUME、夢弦会、JUMPING☆POMMES、桜風書道教室、LOCO STUDIO、弘前暴動、waruagaki、小山内創祐、竹内晃(creeps)など


【りんごちょうちんLighting Night】
参加無料で、りんごをイメージしたちょうちんを作成するクラフトを開催。作成したちょうちんで弘前公園にりんご畑を創作し、夜は光をまとったりんごちょうちんが非日常的な空間を演出。


【津軽はらペコフェス 〜県産品の爆うまグルメ〜】
世界自然遺産 白神山地の恵みを受け育まれた食材などを使用し創作された、「自慢の看板メニュー」が並ぶフードブース。新たな弘前グルメ誕生を目指します。

<参加店>
あおもり立志挑戦の会津軽地区会、Ancook、焼酎酒家Oz、活味屋、cafe ruuDho、カフェレストラン デュボワ、地産食彩kawabata bar 1.23、としぞう。、hug work、Be Easy Brewing×Pasta Ya、公益社団法人弘前市物産協会、大衆食堂三日月、鮨処 YAMAYO、鰐come、One natural、公益社団法人弘前青年会議所

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る